高橋洋子

芸能

女優たちの「初濡れ場」メモリアル(2)校内での初体験演技が光った森下愛子

映画における“初体験”の適齢期は、やはり十代半ばが圧倒的。映画賞を総なめにした「サード」(78年、ATG)の森下愛子(58)も、女子高生が学校内で喪失、という設定がひときわ光る。森下演じる愛称「新聞部」は、同じ高校の「サード」(永島敏行)と…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(6)「高橋洋子・悪魔の手毬唄」

原作・横溝正史、監督・市川崑、主演・石坂浩二と並べば、おどろおどろしさが立ちこめてくる。77年の配給収入10位(7億5000万円)を記録した「悪魔の手毬唄」(東宝)に、高橋洋子(63)は重要な役で出演していた。──70年代の邦画界において、…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

人気女優が10代で魅せた「妖精濡れ場」(1)吉高由里子はあの映画で役者として進化

脱いで、濡らして、魅了して‥‥、世の男を奮い立たせるのは女優の使命と言っていい。そしていくら年を重ねても、彼女たちが10代で披露した「妖精濡れ場」はいつまでもファンの記憶に残り続ける。「あの時僕も若かった」と──。青春の証しとして今も語り継…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |
芸能

永遠の70年代アイドルに会いたい!「高橋洋子(旅の重さ)」秋吉久美子と争った主演オーディション

才女だった。女優として清純な朝ドラヒロインから過激な役まで演じ分け、さらに小説家としても名を成す。そんな高橋洋子(62)の出発点は、自身とシンクロする、あの映画だった。──つい先日、27歳の時の一糸まとわぬ姿が週刊誌に掲載されていましたね。…

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , , , |