芸能

青春の〈アイドル女優〉を総直撃<高橋洋子「北の家族」>朝ドラヒロイン初の「映画過去」に審議

 73年度のNHK朝ドラ「北の家族」は、最高視聴率51.8%の大ヒット作となった。主演に抜擢された高橋洋子(68)は、作家としても高く評価された。

 名門の「文学座」で72年に研究生となり、松田優作や阿川泰子と同じ12期生だった。

「優作さんと当時は親しかったわけではないけど、76年に『ひとごろし』(松竹)で共演してから意気投合。私は車で京都の撮影所まで行くので、そこに優作さんがうれしそうに乗り込んできたの。車の中では、大御所の丹波哲郎さんに対するグチを聞いてあげたわ」

 入団した年、劇団には内緒で、敬愛する斎藤耕一監督の「旅の重さ」(72年、松竹)のオーディションを受けた。劇団はフジテレビの昼ドラに出演させたがっていたが、高橋は自分の意思を貫くことを選んだ。

「ただ、そういう日に限ってスカウトの人が劇団に何人もいらしていて、私は出るに出られず、遅刻してしまったんです。急いで走って行ったので、髪は汗でべっとりと貼りついて」

 ケガの功名で、その姿が監督のイメージにぴったりとなり、本命の秋吉久美子を押しのけて主役の座を掴む。タイトルの「旅の重さ」が示すようにロードムービーの形を取っており、ハードではないが、横山リエとのレズっぽい描写やオールヌードの場面もあった。

 本作の公開直後、高橋は朝ドラヒロインの座も射止めるが、主演デビューの映画がネックとなる。

「当時の朝ドラヒロインで、その前にヌードを公開した人は誰もいないんですよ。もし、オンエア後に問題視されたら大変なので、文学座から番組のプロデューサーに、そこからNHK局長にお伺いを立てました」

 結果は「問題なし」ということで撮影に臨んだ。北海道・函館を舞台に、親と子、兄と妹など家族のあり方を丁寧に描いている。

 ヒロインの両親は、劇団民藝出身の下元勉と、俳優座出身の左幸子が演じた。

「今でもお父さんお母さん役の2人が仲悪かったことを強烈に覚えています。それぞれ自分の劇団の芝居の型があって、それが相容れない感じでした」

 ただ、高橋自身はどちらにも可愛がられた。名女優の左幸子には「目が落ち着いていないわよ。ハートで芝居を感じなさい」とアドバイスをもらったという。

 このドラマが好評で、高橋のもとには「サンダカン八番娼館 望郷」(74年、東宝)や「北陸代理戦争」(77年、東映)など、大作のオファーが続く。

 さらに81年には処女作「雨が好き」が中央公論新人賞に輝き、小説家としても多くの著書を生んだ。また女優としては、17年公開の「八重子のハミング」(アークエンタテインメント)で28年ぶりの映画出演を果たした。公開初日の上映は8館だったが、口コミで評判が広がり、103館で公開されるまでに。

「実は10月9日から『キッド哀ラック』(シネマノヴェチェント)という主演の新作が公開されるんです。私はプロデューサーも兼ねていて、上映日ごとに『悪魔の手毬唄』(77年、東宝)や『アフリカの光』(75年、東宝)など、私の出演作との同時上映もあるので、ぜひご覧いただきたいです」

 天才女優の覚醒である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!