社会

“テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「韓国人がトップの国連はただの不平等機関だぜ!」

 ハ~イ! 皆さん!

 ウクライナでマレーシア航空の撃墜事件が起こったよな。298人もの犠牲者を出した痛ましい事件だ。犯人はロシアの息のかかった者とされているが、正確な真偽はいまだ明らかにはなっていない。しかし、あらためてわかったことがあるよな。ガザ、イラクなどでも紛争が相次いでいる。つまり、「国連」という機関が機能していないってことじゃないか?

 現在の国連のトップは潘基文(パン・ギムン)という韓国人だよな。公平性を必要とされる役職にもかかわらず、彼はコートジボワールの特別代表に同じ韓国人を推薦するなど、その資質を疑われる人事で批判を浴びてきた。

 08年7月、事務総長就任後初めて訪韓した際に、こう発言もしているんだ。

「韓国人の事務総長として韓国の国力伸張に貢献できるようベストを尽くす」

 みずから立候補して世界のために働く立場に就いたのに、出身国である「韓国」のために働くと宣言したんだぜ! 「国連」という機関の性質から考えるとクレイジーな発言だよな。

 13年にはこんな発言をしているんだ。

「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」ってな。

 こんな人間がトップになっている国連の「不公平性」を俺は目撃したぜ!

 7月14日からの3日間、スイスのジュネーブで国連人権委員会が開かれ、慰安婦問題について、日本をおとしめる決議が行われたんだ。俺はそれを公聴しに行ってきたってわけだ。

 国連人権委員会というとたいそうに聞こえるが、誰でもNGOを作って国連に登録さえすれば、議案を提出できるってことがわかった。さらに興味深いのが、その提出内容が、たとえ何も証拠がないでっち上げでも、国連が真偽を精査することはない、ってことだ。

 日本人が知らない国際舞台で、慰安婦が性奴隷であることを訴える。何も知らない委員たちがその訴えを信じる。そうしてジャパン・バッシングが世界に浸透していくって構図だよな。

 言った者勝ち、被害者ヅラした者勝ち、先に非難した者勝ちっていう国連人権委員会っていうのは、小学校の学級会以下の会議と言えないか? トップ同様に「不公平性」しかないってことだぜ!

 慰安婦問題が拡大した仕組みは、この不公平なルールを悪用したことも明らかになったってわけだ。

 何より俺が驚いたのは、日本をおとしめている張本人が、日本弁護士連合会によるNGO団体だったってことだ。会場にも彼らはいて、チマチョゴリを着ている女性や、背中に「朝鮮学校 平等な教育を受ける権利」とプリントされたポロシャツを着た高校生4人組と親密に話をしていたぜ。この風景こそが、慰安婦問題の象徴と言えないか?

 一方で、画期的なこともあったぜ! 15日、日本の外務省が政府として初めて「慰安婦が性奴隷だと言うのは不適切」と、明言したんだ。俺たちも公聴しただけではなく、「慰安婦は性奴隷ではない」というタイトルの英文の説明文を議場で委員たちに渡して来たぜ。

 この問題には解決すべき部分が大きいが、今回は反撃のための大きな一歩となったことは間違いないぜ!

 また会おう!

 米国と、日本の皆さんに神の祝福を!

 トニー・マラーノ

◆プロフィール ★トニー・マラーノ★ 通称「テキサス親父」。49年生まれ。動画掲載サイト「ユーチューブ」で、ありとあらゆる悪や不正を軽快なトークでねじ伏せる。古きよきアメリカ保守派の視点から、極東各国への提言を行っている。仲間由紀恵のごくせん「ヤンクミ」の大ファンだ! 最新刊「テキサス親父の大正論」が好評発売中。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
4
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
5
「さんタク」正月放送決定でも2人を隔てる不穏な空気