芸能

とんねるず石橋VS紳助 「東西最終戦争」直接対決が勃発していた!(2)

一撃を浴びせ電話を切った

 紳助から直接対決を挑まれた石橋は、さすがに予期していなかった展開だったからか、しばらくは応戦もしなかったという。

「相手の怒声に対して、『いえ』とか『そんなことないです』などと応対して、適当にやり過ごそうとしていたそうです」(前出・芸人)

 それでも紳助はヒートアップ。一方の石橋は、途中で白けた表情に変わったという。

「石橋さんは、一方的にわめかれることに辟易して、ケータイをスピーカーモードにすると、紳助さんの声をさらすように、周囲の芸人たちに聞かせたそうです」(前出・芸人)

 芸人たちがケータイを取り囲み、ひととおり紳助の主張を聞いたというのだ。

 しばらくすると、紳助が一息つく瞬間があった。

 すると石橋はケータイの送話口に口を当て、こう一撃を浴びせたというのである。

「芸能界引退したヤツが何言ってんだ。バ~カ!」

 そして、すぐさま電話をブチッと切ったという。

 お笑い界の「東西最終戦争」の様相を呈していた一戦は、こうして意外な結末を迎えた。

 先の石橋発言を聞くかぎり、もし紳助が石橋の鼻を明かしたければ、再び同じ土俵に上がってくるしかないようだ。すなわち、芸能界復帰である。

 紳助の復帰話は浮かんでは消えるという状況を続けてきたが、本誌7月26日号で伝えた「まず関西ローカル番組から復帰する」というのが最新の情報だ。

 前出・芸能記者が言う。

「結局、話が進んでも最終的にスポンサーが了承しなければ実現はしません。紳助自体は『古株芸人がこぞって土下座するなら考えるわ』と口にしたそうですが、クリアすべき問題は別にあるんです」

 しかも、紳助自体が復帰にあまり乗り気ではないとの情報もある。

「今は忙しかった時代から解放され、奥さんと2人で過ごす毎日を満喫している。あれだけ稼いだのですから、金に困っているということもない。逆に困っているのは吉本なんですよ。紳助引退に続いて、次長課長・河本やキングコング・梶原の生活保護不正受給問題があり、スポンサー離れが起きている。所属タレントたちを同じ時間帯の裏番組同士に出演させるような、業界的にはご法度とされるブッキングが増えているほど焦っています」(前出・芸能記者)

 年初に大崎社長が「いつの日か吉本興業に戻ってきてもらえるものだと信じています」と語ったように、紳助復帰はもはや吉本の悲願となっているようだ。

 はたして、石橋にナメられた紳助の逆襲はあるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

アサ芸チョイス:

  1. 34661
    新幹線よりも席が広い!? 軽自動車が欲しくなる5つの理由

    本田がオープンタイプの軽自動車スポーツカー「S660」を発表、軽自動車とは思えない軽快なハンドリングに注目が集まっている。ほかにも軽自動

  2. 34722
    春風邪の特効薬は「諸外国では常識」のコーラがいい!

    季節の変わり目は、よく風邪をひきやすい。特に三寒四温、寒暖差の大きい春の風邪は俳句の季語や題目にも使われているほど毎年お馴染みの厄介な病

  3. 33406
    フェアレディZの父「片山豊」氏の自動車人生105年

    2月23日、新聞朝刊の片隅に〈フェアレディZの父死去〉とベタ記事が載った。日米の自動車文化を発展させた功績をたたえ、日本人4人目の米国自

注目キーワード

人気記事

1
上戸彩、夫・HIROと交わしていた「妊娠したら芸能界引退」の約束
2
「ジャニーズ派閥騒動」で窮地のSMAPを背負う、木村拓哉の男気
3
テレ東・紺野あさ美 謎の「深夜ダンス番組」と「干されっぷり」
4
“昭和男”を熱演する高橋克典が本番中にブチギレたある大物俳優
5
四十路には見えない!「工藤静香と森高千里」を徹底“色気”比較!(1)工藤静香の色気を保つ秘密とは?