とんねるず石橋VS紳助 「東西最終戦争」直接対決が勃発していた!(2)

一撃を浴びせ電話を切った

 紳助から直接対決を挑まれた石橋は、さすがに予期していなかった展開だったからか、しばらくは応戦もしなかったという。

「相手の怒声に対して、『いえ』とか『そんなことないです』などと応対して、適当にやり過ごそうとしていたそうです」(前出・芸人)

 それでも紳助はヒートアップ。一方の石橋は、途中で白けた表情に変わったという。

「石橋さんは、一方的にわめかれることに辟易して、ケータイをスピーカーモードにすると、紳助さんの声をさらすように、周囲の芸人たちに聞かせたそうです」(前出・芸人)

 芸人たちがケータイを取り囲み、ひととおり紳助の主張を聞いたというのだ。

 しばらくすると、紳助が一息つく瞬間があった。

 すると石橋はケータイの送話口に口を当て、こう一撃を浴びせたというのである。

「芸能界引退したヤツが何言ってんだ。バ~カ!」

 そして、すぐさま電話をブチッと切ったという。

 お笑い界の「東西最終戦争」の様相を呈していた一戦は、こうして意外な結末を迎えた。

 先の石橋発言を聞くかぎり、もし紳助が石橋の鼻を明かしたければ、再び同じ土俵に上がってくるしかないようだ。すなわち、芸能界復帰である。

 紳助の復帰話は浮かんでは消えるという状況を続けてきたが、本誌7月26日号で伝えた「まず関西ローカル番組から復帰する」というのが最新の情報だ。

 前出・芸能記者が言う。

「結局、話が進んでも最終的にスポンサーが了承しなければ実現はしません。紳助自体は『古株芸人がこぞって土下座するなら考えるわ』と口にしたそうですが、クリアすべき問題は別にあるんです」

 しかも、紳助自体が復帰にあまり乗り気ではないとの情報もある。

「今は忙しかった時代から解放され、奥さんと2人で過ごす毎日を満喫している。あれだけ稼いだのですから、金に困っているということもない。逆に困っているのは吉本なんですよ。紳助引退に続いて、次長課長・河本やキングコング・梶原の生活保護不正受給問題があり、スポンサー離れが起きている。所属タレントたちを同じ時間帯の裏番組同士に出演させるような、業界的にはご法度とされるブッキングが増えているほど焦っています」(前出・芸能記者)

 年初に大崎社長が「いつの日か吉本興業に戻ってきてもらえるものだと信じています」と語ったように、紳助復帰はもはや吉本の悲願となっているようだ。

 はたして、石橋にナメられた紳助の逆襲はあるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

堀北真希 嵐・櫻井翔との「密愛」発覚で気になる“清純派女優”の素性

 まさか“NOスキャンダル女優”に、4年も前からカレシがいたとは──。相手も大物だけに、完全なる「密愛」だったようだが、突然発覚した余波で、周囲から恨み節にも似た声が飛び交っているのである。「禁断愛」と称し、堀北真希(25)と嵐・櫻井翔(32)の交際をスクープしたのは、7月19日
記事全文を読む

カテゴリー: 芸能 | タグ: , , |

アサ芸チョイス:

  1. 村上春樹 酩酊した「ドイツ“大麻”パーティ」の一部始終(1)ドイツ人カメラマンが明かしたパーティの経緯

    有名情報誌の取材で訪れたハンブルク郊外で、ドイツ人クラブオーナー夫妻によるプライベートな宴が開かれた。その席でマリファナを手渡された後の...

  2. 23821
    PR
    12冊分=8,280円が、なんと半額の4,140円に!モノ雑誌『GoodsPress』の超得キャンペーン、その真実に迫る

     すでに創刊から四半世紀以上の歴史を誇る、徳間書店刊のモノ雑誌『GoodsPress』(毎月6日発売)。 これまで、数々の新製品が誕生し...

  3. “テキサス親父”の反日国家に黒船砲をぶち込むぜ!「米兵への憎悪表現はなぜ問題ないんだ?」

     ハ~イ! 皆さん! 前回、韓国人がトップを務める国連がいかに欺瞞に満ちているのかを話した。その国連の人権委員会が7月25日、日本に対し...

人気記事

1
松たか子 「HERO」続編も出演しない理由とは?(1)キムタクサイドの要求が多い?
2
「一発屋」小島よしおが意外と消えない理由
3
「佐世保高1女子惨殺事件」実父も恐れた16歳女子高生の素顔とは?(1)何が彼女を悪魔に変えたのか?
4
桑田真澄実父が暴露“PL学園野球部員いじめ水死”隠蔽(1)
5
小保方晴子氏 “強引取材で負傷”主張にNHKスタッフが「疑義」