特集

知らないと損する!? 今注目の薄毛治療〝自毛植毛〟の最先端技術

Sponsored

20140919i-tower

女性が気にする結婚相手のNG条件

 10月に入りひしひしと感じる朝晩の涼風に、夏の終わりを名残惜しく思う人も多いのでは。

「1人になると髪のことばかり考えてしまうんですよね」と吐息をつくのは、大手金融業のTさん(29歳)だ。

「最近このまま30歳になったら、毛がもっと薄くなってしまうのではないだろうかと考えてしまうんです。そうなれば結婚できる確率はますます減るんだろうなって。考えると夜も眠れなくなるんです」

 また、SNSを使って婚活中のAさんは、

「“頭の薄い男子はNG”という女性の書き込みが多いんです。人は見かけが9割と言いますから、いざ会ってみたら相手に拒否されてしまうのではないかと思って、リアルで会うことに気後れしてしまうんです」

 異性との交際に自信を持てない、女性との恋愛ができないのは頭髪のせいだ、など特に未婚の男性にとって薄毛問題は、容易に解決できない人生の難題の1つとなってしまっている場合が多いという。

「薄毛対策」5つの方法

 そんな悩み深き男性諸氏に、是非とも薄毛対策のイロハを知っていただきたい。まずは、薄毛対策には大きく分けて5種類あるのをご存知だろうか?

 まず最初は、今ある自分の髪の毛を長く、そして太くする事でボリュームアップを目指す「育毛」。市販の育毛剤なども多いため手軽に始めることができる。2つ目が、抜けてしまった自分の髪の毛を再び生やすことで、ボリュームアップを目指す「発毛」だ。そして、3つ目が薄くなった自分の髪の毛に、人工毛などを4~6本ずつ結びつけることで、髪のボリュームアップを目指す「増毛」で、すぐに毛量がアップしたように見えるため、即効性が高いというメリットがある。反対に「育毛」、「発毛」のデメリットはAGA(男性型脱毛症)の原因に対して作用するという医学的根拠がうすい場合が多いので、必ず効果があるという保障はなく注意が必要だ。また、「増毛」は残った髪の毛に結びつけるので、毛根に負荷がかかってしまうことが気になるところだ。

 それならば、と4つ目にあげるのが、まだ髪の毛が残っている主に後頭部から、薄毛が進んでいる部分に、髪の毛を毛根ごと移植して生着させる「自毛植毛」だ。この「自毛植毛」のメリットをより実感できるのが5つ目の「カツラ」との対比だろう。近年の技術向上によって自然な「カツラ」もかなり流通しているわけだが、自分で洗うことができる脱着式は品質によってはバレるのではないかと人目が気になることも。元々生えている髪の毛や頭皮への影響も心配だが、それ以外にもアフターケアが面倒という人もいるようだ。

「1年後の来店率が結構高いサロンもあるほど。これは通常のビジネスでは考えられないですが、つまりはメンテナンスなしでは状態を維持しにくいというわけです」(某カツラメーカー)

 これに対し、医師免許が必要とされる医療行為である「自毛植毛」は後頭部から移植する。自毛であるため装着は不要、術後は頭皮に若干の違和感を感じたり、生えるまで時間がかかるが、接着タイプと違い施術後1週間以降は自由に洗髪することが可能となる。もちろん見た目はカツラのボリューム感には劣るが、その分不自然さは当然少なくなる。そして最大のメリットは植え替えた毛はしっかり根付き、自分の毛髪をなびかせることができるという点だろう。

 それでも「植毛はちょっと…」と嫌う人の多くは、手術による「痛み」、「恐怖」、「危険性」の危惧を抱いているからではないだろうか。

「みなさんが一番抵抗を感じるのはそこですね。確かに従来の植毛は、メスを使い、地肌に埋め込んでいくもの。でもそれは一昔前の話で実際には植毛の技術は革新的に進歩を遂げている。当社の「i-direct法」の「自毛植毛」のすばらしさを1人でも多くの方に体験していただきたい」(アイランドタワークリニック)

豊富な症例と確かな実績

 自毛植毛専門のクリニックで国内トップクラスのシェアを誇っている「アイランドタワークリニック」では、これまで元競輪選手の中野浩一氏、ギャオス内藤こと元ヤクルト・スワローズの内藤尚行氏を始め、すでに2万0037人(2013年4月現在)が自毛植毛の施術を受けているという。気になる「i-direct法」とは、

「簡単に説明すれば、根強い生命力を持った後頭部の毛を直接移植するもので「i-direct法」ではメスは不使用、もちろん頭皮切開を行うことなく、毛穴1つ単位で採取した毛根を0.65ミリの電動パンチで移植先に穴を開け、ピンセットを使わず空気圧で埋め込んでいく。おまけに、埋め込む際に空気圧を利用した移植法は従来のピンセットを使った方法に比べて、細胞組織を傷つけにくいのです」(アイランドタワークリニック)

 そのため生着率は実に95%以上とまさに驚異的な生え変わり率を実現し、多くの施術者からの喜びの声が寄せられているのだ。

 今年の夏は「平成26年8月豪雨」と命名され、特に広島、京都などで大きな被害を出す異常気象の夏となった。だが、被害が甚大なのはなにも集中豪雨に荒らされた山肌だけではない。夏の強い紫外線を浴び毛細血管の血流、大量の汗による皮脂で汚れた頭皮とて同じなのだ。“いまそこにある危機”をこれ以上拡大させる前に、大いなる決意を持ってまずは“植える”一歩を踏み出すことをお勧めしたい。

「自毛植毛専門クリニックアイランドタワークリニック」

Sponsored by アイランドタワークリニック

 

薄毛だった芸能人も成功している最先端の自毛植毛技術とは?

かつら、育毛剤、サロン、植毛…種々ある薄毛治療の中でコスパが良いのはどれ!?

「自毛で薄毛の悩みを解消!? 驚きの最先端技術をチェックせよ」

カテゴリー: 特集   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    薬用和漢のチカラで髪を強くしなやかに…頭皮環境から考える山野愛子流「育毛」ケアとは?

    Sponsored
    76814

    20~60代の女性を対象に行った、ある髪に関するアンケートの結果によると、なんと9割以上の女性が「髪にツヤがあるほうが若く見えると思う」と回答し、4割以上が「初対面の女性の髪の状態またはヘアスタイルを見て、年齢を判断する」と答えたのだそうで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    女性と無縁の理系アラフォー男が3ヵ月で結婚!男が頼んだ“婚活のプロ”の正体とは?

    Sponsored
    74637

    「男子校出身で、おまけに大学も職場も理系のため、女性との接点がほとんどなかったんです。仕事も忙しく不規則なため、友人からの飲み会の誘いやサークルにも滅多に参加できず、そんな男性社会で20~30代を過ごしていたら、気づけば40歳。そこで慌てて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    放っておくと命に関わる血管のリスク 「血管の老化」に要注意!?

    Sponsored
    75325

    突然ですが、日本人の主な死因を知っていますか?最も多いのは、1/4以上の割合を占めるガンです。実はその次に多いのが、心疾患や脳血管疾患を合わせた「血管事故」。心筋こうそくや脳卒中などは心臓や脳の特殊な病気ではなく、実は血管が詰まったり破れた…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本裕典が人気アイドルの性癖を暴露!?解雇されても仕方がない裏の顔とは?
2
ブルゾンちえみに飛び交う「パクリ疑惑」と「メンタルの弱さ」
3
経営店も続々閉店…テレビから消えた川越シェフに一体何が?
4
筧美和子、「とんねるず」特番で起きた“胸ポロ”の裏に隠された苦悩
5
「精霊の守り人」が壮絶爆死!綾瀬はるかより真木“棒”子に辛辣意見が続出