芸能

決定!“2015アサ芸挑発美女大賞”<CM部門>「お蔵入りとなった広瀬すずの焼きそばCM」

20151217g

 CM部門の先頭をひた走るのは、“大人のオンナ”ツートップの一人、篠原涼子(42)だ。2児の母にしてトリンプのCMで見事なボディラインを堂々と見せつけている。これを猛追するのが、吉瀬美智子(40)の化粧品「ニベア」での、CMにあるまじき扇情シーンだ。

「昨年のドラマ『昼顔』での色っぽい表情が好評だっただけに、みごとな艶やかさを見せつけてくれます。ニベアのCMにはさまざまなバージョンがありますが、最も目を見張ったのが、ソファの上にくつろぎ、長いオミアシに、なで回すように丹念にクリームを塗り込むシーンです。横から脚を舐め上げるようなカメラアングルは、まさに最中の男目線そのものですよ」(芸能評論家・織田祐二氏)

 CMタイアップ曲も「守りた~い♪」ではなく「舐めた~い♪」に変更するしかない!?

「ニベア」脚舐め上げCMには、元フジテレビアナウンサーの内田恭子(39)も参戦。かつてのカップヌードル半裸CMを連想させる泡まみれ入浴で、人妻エロスを濃厚サービスするのだ。

 これらアラフォー熟女を1人迎え撃つ20代挑発美女が、石原さとみ(28)。サントリー焼酎「ふんわり鏡月」のCMでは「間接キッスしてみ」「恥ずかしい話しよっか」など、男の煩悩を撃ち抜く妄想ワードが人気だったが、

「冬のコタツ編もエロすぎでした。さとみちゃんが『くすぐったいからヤメて~』と悶絶していたのは、対面に座った僕の足が、さとみちゃんの体にいけないイタズラをしてしまったからに違いありません」(ライター・尾谷幸憲氏)

 男なら誰しもさとみマジックにやられてしまうのはしかたのないことか。

 ところが、そんな妄想が10代の広瀬すず(17)の「明星一平ちゃん夜店の焼そば」に及ぶと、コトは深刻になる。前出・織田氏によれば、

「アヒル口全開で『全部、出たと?』とマヨネーズをかけまくり、さらに口元アップで麺をチュルル~と吸い込むCMは、制作者のあざとすぎる意図がまる見えでした」

「卑猥すぎる!」と批判を浴び、このCMはアッという間にお蔵入りとなってしまった。これにはタレント・徳光正行氏が猛反発だ。

「かつて広末涼子の『ブラジャーが透けるほど汗をかいた最後っていつだろう?』というセリフのCMが問題になりましたが、こうしたCM規制は日本をダメにする。現代のネット社会ではすぐにセックスにアクセスでき、『想像させるエロ』が少なすぎます。若い男は、まずはこの『全部出たと?』からオナニーを始めないと、日本の少子化はますます進んでしまう」

 クリエイティブなCMプランナー諸氏に告ぐ! めげずに日本を救うCMをお待ちしております。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由