芸能

天才テリー伊藤対談「加山雄三」(1)学生時代は硬派でモテなかったんだ

20160128i

●ゲスト:加山雄三(かやま・ゆうぞう) 1937年、神奈川県生まれ。60年東宝に入社、映画「男と男」で俳優デビューし、翌61年から始まった「若大将」シリーズで人気を博す。この頃から歌手としての活動も開始、「弾厚作」のペンネームで作詞・作曲も手がけ、代表作「君といつまでも」は350万枚の大ヒットを記録した。2014年、旭日小綬章を受章。同年、ロックバンド「THE King ALL STARS」を結成。15年、最後の全国コンサートツアー「若大将 EXPO~夢に向かって いま~」を開催。16年4月7日・8日には、世代・ジャンルを超えたアーティストたちと共演する音楽イベント「加山雄三55周年企画ゴー! ゴー! 若大将FESTIVAL」を開催。

 ついに芸歴55年を迎えた「若大将」こと加山雄三。華々しいキャリアを重ねながらも、今なお若々しいイメージはそのままで、歌に、夢にと新たなチャレンジに邁進しており、そのバイタリティにはただただ驚くばかり。昔から加山に憧れてきた天才テリー、今回は少し緊張気味!?

テリー 実は僕にとって、加山さんは特別な存在なんですよ。

加山 あ、そうなの?

テリー 若い頃は部屋に加山さんのポスターを貼ってましたし、加山さんが「アルプスの若大将」で着ていたセーターを探すために、神田のスポーツショップをいったい何軒回ったか。

加山 信じられないなぁ。

テリー そんな加山さんも芸能生活に入ってもう55年なんですね。振り返ってみてどうですか?

加山 ビックリだよね。本当は、船を作る仕事に就くのが夢だったんだから。ところが慶応大学に入ってしまったのが、そもそも間違いのもとでさ。

テリー いやいや、間違いじゃないですよ(笑)。

加山 普通に就職しようと思ってたんだけど、その時、僕の友達が「お前が大学でやったことは、スポーツと歌しかねえだろう。それを生かして金儲けして、船を作ればいいじゃないか」と言ったんですよ。

テリー すごいな~、でも、それは正しい発想ですよね(笑)。

加山 僕も「それはアリだな」と思っちゃった。

テリー 加山さんが、まず東宝の所属になったのは、お父さん(上原謙)の絡みだったんですか?

加山 そうじゃなくて、各映画会社の株価を見たんですよ。そしたら、東宝がいちばん高かった(笑)。

テリー ハハハ、すごい大学生だなあ。

加山 それで親父に「僕は芸能界に入ろうと思ってる」って言ったら、「とにかくお父さんは反対だ」と。その後何度もやり合って、やっとOKが出たんです。だから、親父の名前を頼るとか、そういうことは一切していない。あっちは天下の二枚目だけど、自分は出来損ない。だから、「男は顔じゃねえ、心や体力で勝負だ!」って、最初の頃からずっと思ってました。

テリー またまた、加山さん、十分に男前じゃないですか(笑)。中高、大学時代は、若大将みたいにモテたんでしょう?

加山 何言ってるんですか、あれは映画。現実は全然ですよ。

テリー だって慶応ボーイで、お父さんは上原謙。超サラブレッドで、ルックスはいいし、スポーツもできる。さらに歌も作れて歌えるんだから、恐らく日本中の男が、加山さんを嫉妬してましたよ。

加山 でもね、本当にモテなかったんですよ。僕の性格もあったんだろうね、学生の頃は、昔の言い方だけど「硬派」になろうと思っていましたから。

テリー そりゃまたどうして?

加山 高校入学に向けて勉強するために、東大生の家庭教師がついたんですよ。その人が「こいつ(加山さん)は大変だよ、高校になったら女にモテちゃってしょうがないだろう」ってひそひそ話をしてるのを小耳に挟んで、カチンときてね、「よし、俺は頭を丸坊主にして、女を避けてやる」と決めて、本当に女性を避けて歩いてた。

テリー じゃあ、高校時代は坊主だったんですか。

加山 うん、3年間ずっと坊主で通してた。一時期、本気で坊主になろうと思って、大雄山最乗寺へ行って座禅組んだりしてたんですよ。でも、親父の人気が落ちていくところや、家庭の中でおふくろが努力してるところを見ているうちに、「やっぱり現実の厳しさを知ることが本当の修行じゃないかな」とその頃考えるようになったんですけど。

テリー いや、やっぱり加山さんはすごいな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情