スポーツ

ドジャース・前田健太 “買い叩き入団”までの交渉全容(2)「インセンティブをクリアすれば年俸は約16億」

20160128p2nd

 メジャーでは代理人は徹底して選手の利益を守り、球団がリスクを負わないこの手の不平等契約を了承するケースはほとんどない。それでも屈辱的な契約を認めた背景には、夫人のフリーアナ・成嶋早穂(30)の「指令」があったという。現地ジャーナリストによれば、

「早穂夫人は語学堪能で、フードマイスターの資格を取って栄養面でもサポートするなど、マエケンにとってなくてはならない存在。彼女には頭が上がりません。実は身体検査のデータを全球団に送ってからも、ダイヤモンドバックスとアストロズが獲得に興味を示していたんですが、子供の将来の教育なども含めた環境のよさを考えた夫人の『西海岸!』のひと言で、ロサンゼルスを本拠地とするドジャース以外に選択肢はなくなりました」

 さて、注目のインセンティブだが、先発登板数と投球回数をクリアすれば加算されていくというもので、登板15試合で100万ドル(約1億1800万円)、20試合でさらに100万ドル、25試合で150万ドル(約1億7700万円)、その後、30試合、32試合で150万ドルずつが上乗せされる。さらに90投球回で25万ドル(約2950万円)。その後は10投球回ごとに25万ドルが上乗せされ、200投球回に達したら75万ドル(約8850万円)というわけだ。開幕時に25人のロースター枠入りのボーナス15万ドル(約1770万円)も含め、インセンティブだけで総額8100万ドル(約95億5800万円)にもなる。

 マエケンも会見で「日本で9年間、一度も長期離脱していない。不安はゼロ。自信があるし、200イニングを投げたい」と、インセンティブのクリアに意欲を示した。昨季は29試合登板で、206回1/3。同様の数字を残せば、年俸は約16億円になる算段だ。先のメジャー関係者は、

「1年はもつでしょう。25試合200イニングは可能じゃないでしょうか」

 さて、マエケンがドジャースと結んだ、球団がリスクを負わない異例の契約は各所に波紋を広げている。日本人用の新しい契約スタイルを提示したと、メジャーの各球団の間で評判になっているのだ。

「この契約が悪例となる可能性はあります。最強の労働組合であるメジャー選手会も、球団有利の契約を問題視している。影響を及ぼすと見られているのは、次なる大物、日本ハムの大谷翔平(21)のメジャー移籍に際してです」(スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
4
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
5
真美子夫人がやり玉に!大谷翔平レッドカーペット「日本人の褒め方」が明らかにオカシイ