芸能

2016秋のドラマ美女「TVには映らない桃色オフレコ行状」を一挙公開!(3)土屋太鳳が頑張りすぎた“赤坂5丁目ミニマラソン”

20161103u

 日曜劇場「IQ246~華麗なる事件簿~」(TBS系)で主演の織田裕二(48)と共演するのは、若手女優の土屋太鳳(21)。昨年放送されたNHK朝ドラ「まれ」でヒロインに抜擢されてから、CMや映画にも引く手あまたで、一躍、人気者の仲間入りを果たした。

「ドラマは織田が演じる天才貴族の法門寺沙羅駆が難事件を解決していくミステリー。初回が放送されると、織田の奇妙なしゃべり方が話題になりました。視聴率は13.1%と好スタートを切りましたが、2話目以降は視聴者の好みが分かれると思います」(テレビ誌ライター)

 法門寺の護衛を任された新人刑事役の土屋が、ドラマに先立って活躍したのが、10月8日に放送されたクイズ番組「オールスター感謝祭」(TBS系)だった。

 番組恒例の人気企画「赤坂5丁目ミニマラソン」に、リオ五輪で長距離2冠のモハメド・ファラー(33)やマラソンのカンボジア代表・猫ひろし(39)らに交じって土屋も出場。大激走を見せて、女性では1位、総合で8位に入る健闘を見せた。ゴール後はスタジオの床に倒れ込み、織田ら共演者が支えなければ立てないほど憔悴しきっていたが、その走りはスタジオに大きな感動をもたらした。

「ミニマラソンの表彰式が番組の瞬間最高視聴率18.2%を記録。ただ、事務所関係者からは体を気遣いながらも、『何もあそこまで本気で走らなくても‥‥』と注意されていました」(TBS関係者)

 もともと日本女子体育大学の現役学生ということもあり、マラソンには自信があったようだ。土屋が暮らす近隣住民もこう話す。

「実家の前をお姉さんと一緒にジョギングしている姿を何度か見かけたことがあります」

 体を動かすことが好きな土屋だが、実は太りやすい体質だそうで、「まれ」の撮影中に製菓指導を受けていたパティシエのスイーツを食べすぎて「激太り」が報じられた。それでも9月に迎えた本作のクランクインには、シュッとした顔つきで参加していたという。

「今年3月に『まれ』で共演した俳優の山崎賢人(22)との交際が『週刊文春』に報じられましたが、双方の事務所から反対され、別れてしまった。その破局ショックで痩せたそうです」(スポーツ紙芸能記者)

 失恋と走り込みで脱「ケーキ太り」を果たした土屋だが、撮影現場ではこんな場面が見受けられている。

「織田さんと共演者のディーン・フジオカさん(36)が香港映画の話題で盛り上がっている時、その輪に入れず、少し離れた場所で寂しそうな表情を浮かべていました」(ドラマ関係者)

 ドラマでの“甘い出会い”はまだなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

    88462

    この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・櫻井翔に真っ向勝負!?関ジャニ∞は「苦学生時代」をアピール!
2
有名人家族「骨肉の修羅」全真相(2)安室奈美恵 「親族が実母を惨殺」事件のトラウマ現場
3
石原さとみ危うし?Fカップ「全見せ」解禁で今野杏南が女優として猛追!
4
中村昌也、稲本潤一&田中美保の結婚式出席拒否の「裏事情」暴露で非難殺到
5
フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由