特集

溶解~抗菌~浸透~鎮痒のプロセスで白癬菌を退治!「水虫」の正しい治し方

Sponsored

「あれっ、なんだか足がかゆい」

 こんな症状に覚えはありませんか? 我慢できないほどのかゆみがなくても、もしかしてそれは「水虫」かもしれません。

 水虫は、白癬(はくせん)菌という真菌(カビ菌)が、皮膚、角質、爪などのケラチンを栄養源に繁殖して起こります。指の間・足の裏や爪によくみられるのは、ケラチンが多く、蒸れやすいこともあって白癬菌の繁殖に適しているから。白癬菌が繁殖しても自分ではなかなか気がつかないものですが、先の例は水虫の初期段階の症状といえます。

⇒もしかして、水虫…?

◆水虫は知らず知らずのうちに起こる!?

 実は、白癬菌は日常どこにでもいる菌。水虫=男性のイメージが強いですが、蒸れやすいパンプスやブーツ、長靴などを履く女性にも多いのだとか。白癬菌は感染した人の皮膚からばら撒かれ、人にうつります。なので、裸足で歩くような場所にはほぼ白癬菌がいるといってもよいかも。プール、ジム、温泉やそれらの更衣室のマット、公共施設のスリッパなどをよく利用する人は注意したいですね。

 知らず知らずのうちに水虫になって病状が悪化、そのまま放っておくと、自らが感染源になってしまいます。だからこそ、ちょっとでも水虫が疑われるときは、すぐに治さなければいけないんです!

⇒水虫に悩むのは男性だけではない

◆正しく治療を行えば、水虫は退治できる!

 水虫はかつて、治らない病気といわれていたようです。「風邪と水虫の治療薬を開発すればノーベル賞」なんてこともいわれてましたね。でも、今は白癬菌に直接作用する薬が開発され、ほとんどの水虫は症状の改善が期待できるようになったんです。

 水虫治療の第一歩は、足裏をていねいに洗うこと。水虫の人もそうでない人も、これが基本です。白癬菌は足の角質に侵入するまで24時間かかるので、その前に足の指1本1本までていねいに洗い、白癬菌を取り除くことが感染と悪化を防ぐためにも大切なんです。

 そして、治療薬を使う場合に気をつけたいのが、その使い方。白癬菌は水虫の症状が出ている患部だけではなく、足裏全体にいます。なので、治療薬は足裏全体に塗る必要があります。

 また、かゆみや水泡などの症状が消えても治療薬は塗り続けてください。というのも、白癬菌に感染した皮膚がなくなって新しい皮膚に入れ替わるターンオーバー期間は、足裏で3カ月ほどかかるからです。かかとや角質の厚い部分で6カ月、足爪では1年もかかります。症状がなくなったから治ったと思い、治療をやめてしまうと再発することも。だから、水虫を完治させるには、ターンオーバーに合わせた治療が必要なんです。

⇒水虫との闘いは短くない

◆4つの厳選成分による効果的なプロセスで完治に導く『モーテンキンピ液』が登場!

 水虫の原因である白癬菌は角質層に寄生するので、治療では薬剤を角質層まで浸透させなくてはいけません。そして、かゆみをともなう水虫では、患部を掻いたりして悪化させないよう、不快感を鎮める必要もあります。

 Yahoo!ショッピングの水虫デイリーランキングで1位になっている『モーテンキンピ液』は、これらを満たし、水虫・たむしに優れた治療効果を発揮する医薬品です。

『モーテンキンピ液』の強みは「浸透力」「かゆみ止め」「殺菌力」「抗菌力」の4つ。

 水虫撃退までのプロセスとして、まずは「サリチル酸」で角質層を溶解、抗菌します。

 次に、漢方の生薬、「木槿(ムクゲ)皮チンキ」で抗菌、「安息香酸」で皮膚への浸透性を高めて菌の活動を抑制します。

 そして、不快なかゆみを鎮める「クロタミトン」も配合。厳選した4つの成分によって、水虫を撃退してくれちゃうんです。爪まわりの水虫にも効果があります。

 水虫は、以前は手ごわい病気だったかもしれませんが、現在はそういうことはありません。水虫は「退治できる」んです。『モーテンキンピ液』を塗り始めれば、皮膚のターンオーバーで3カ月くらいから患部の皮がボロボロとむけてきますよ。

「水虫は治りにくいから……」と、お悩みのみなさん、ぜひトライして効果を実感してみてください!

⇒『モーテンキンピ液』をお試しするなら

Sponsored by 株式会社バイオセーフ

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の育毛ケアはカッコいい」は女性たちの新常識。モテ男を目指すなら今すぐGO!

    Sponsored
    89357

    小さい頃、家の洗面台には親父の育毛剤があって、なんだか悲しい気持ちになったことを覚えている。それを人知れず使っている(しかも家族にも!)親父の後姿は、やけに哀愁が漂っていた。記者が年齢を重ねることに不安を感じたのも、この頃だった。ところが、…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    「小じわ」の放置は「老け顔」に!?今すぐ始める30代からのスキンケア

    Sponsored
    86146

    30代から40代の女性は、結婚や出産・育児などの経験を経ることでママ友や主婦仲間といった新しいコミュニティでのお付き合いが始まったり、そして仕事の場では経験を重ねることで責任あるポジションに就いたりと、家庭や仕事でより充実した毎日を過ごして…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    ラッシュアワーが楽しくなる!?駅・電車内の正しい「苦痛軽減術」

    87987

    昨今、電車内での痴漢及び、痴漢冤罪が社会問題になっている由々しき事態だが、もとより、日々の通勤電車は我々サラリーマンの悩みのタネだった。バリバリ仕事をするためには、移動でくたびれている場合ではない。そこで、通勤時間を快適にするオヤジテクニッ…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
清水良太郎、逮捕現場ホテルに垣間見えた「薄っぺらいプライド」!
2
戸田恵梨香の車で事故った成田凌にファンが「交際発覚」より失望した事実!
3
カトパン初出演ドラマ、ラストシーンでよみがえるフジ史上最悪の放送事故!
4
竹内涼真に「最速で人気急落」が囁かれる5つの“問題言動”!
5
胸のトップがハミ出てる!?水原希子「ギリギリ画像」大量公開の切迫事情