芸能

にゃんこスター・アンゴラ村長は「可愛い」が正解!地下アイドル通が熱血解説

 10月1日の「キングオブコント2017」(TBS系)で準優勝を果たした男女お笑いコンビ「にゃんこスター」の快進撃が止まらない。30日にはバラエティ特番の「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP」(日本テレビ系)に出演。女芸人のアンゴラ村長がこの4月から勤めているIT関連企業での様子に密着していた。

 そのアンゴラ村長を巡って、ネットでは評価が二分しているという。それは面白いかどうかではなく、「可愛いのかどうか」という話だ。世間では「可愛いとブサイクの紙一重」とか、「ブサイク要素も兼ね備えたブサカワ」といった評価も少なくない。また早稲田卒やお笑い芸人というフィルターを通した場合には、押し上げ効果があることも確かだろう。それでは一般的な基準で評価した場合はどうなるのか。アイドル誌のライターはこう語る。

「年齢的には23歳とBBAの領域に入っていますが、彼女なら地下アイドルのメンバーでも十分にやっていけます。目はパッチリしてますし、人懐っこさが表情に表れているので、相当写真映えするのは間違いなし。いわゆる『特典会人気ならトップ』というタイプのはずです。そして何よりあの芸風は、自分の容姿に自信がないとできません。アイドルの世界では根拠のない自信を持っているくらいのほうが、それがオーラとなって発散されるものなのです」

 そしてもう一つ注目したいのが、早稲田大学の附属校である早稲田本庄高等学院出身という点だ。この学歴もまた、彼女が秘める内なる可愛らしさの原点になっているというのである。

「同高校は埼玉県の私立高校でトップを争う偏差値を誇る難関校。男女共学ながら定員は男子のほうが5割ほど多くなっています。その環境でアンゴラ村長のルックスがあれば、いわゆる『オタサーの姫』のように美少女扱いされていたことは間違いないでしょう。『花は愛でるほど美しくなる』とのたとえもあるように、彼女の輝くような可愛らしさは、その高校時代に培われたのではないでしょうか」

 どうやら「彼女が高校や大学の同級生だったら」という妄想を抱く対象として、アンゴラ村長はぴったりの存在のようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    寒い屋外からオフィスに戻ると頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    98132

    厳しい寒さが続き、屋外と室内の温度差が激しいと、「顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバーしたり、さ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    モデルや芸能人も愛用!管理栄養士が監修するダイエット方法「スルスルこうそ」の実力とは?

    Sponsored
    91454

    ダイエットをする人にとって、その理由はそれぞれ。でも、いざ始めてみると、一筋縄ではいかないのがダイエットというものですよね。簡単に痩せることができたら苦労しません。失敗する人は何をしたってうまくいかず、負の連鎖を繰り返すことになってしまいま…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    少しのお酒で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    年末年始の飲み会が増えるこの時期、「少しお酒を飲んだだけでも顔が赤くなってしまう…」と悩む女性がよく見られます。子どもの頃は「ほっぺが赤くてかわいい!」なんていわれて喜んでいたものの、大人になると恥ずかしいものですよね。メイクで必死にカバー…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコ、「私服姿公開⇒即削除」事件で囁かれる「芸能界引退」!
2
メダルラッシュでも隠せない「平昌五輪“裏”ダイジェスト」(1)羽生結弦をめぐる狂騒曲
3
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(3)お相手の醜聞を広める理由
4
眞子さま「婚約延期」で「皇太子vs秋篠宮」代理戦争(2)「得体が知れない」との声も
5
眞子さま「結婚延期」で浮上した皇室内の“壮絶ウラ攻防”