芸能

MCは声が出づらくても完全熱唱…西城秀樹、コンサートで見せた歌手魂

「あの対応には本当に頭が下がります。日常会話はかなり辛いはずなのに楽屋を訪れていたファンや、仕事の関係者たちと希望者全員と個別に『一緒に写った写真』を撮らせてあげているんですからね」

 そう話すのは、去る10月17日に東京・中野サンプラザで行われた歌手・西城秀樹のコンサートでの彼の様子を、その舞台裏も含めて知る音楽関係者だ。西城と言えば2011年に2度目の脳梗塞を患い、右半身にまひの後遺症があるものの、自力で歩行できるまでに快復していると報じられていた。

「でも実際、西城さんはコンサートでは基本的に座ったままでした。満員の会場の中、歌声は、往年のままだったそうですが、途中MCになった時です。かなりかすれた声になって言葉が途切れがちになり、観客は静まり返った。そこへ『秀樹がんばれ!』という声援が飛ぶと西城さんは、一瞬声をあげたんですが、その声がうめき声のようだったので、場内は緊迫しました。ただ、しばらくして、次の曲が始まると、また『かつての秀樹』に戻って熱唱するんです」(前出・音楽関係者)

 コンサートは開始から40分ほどで、15分という長さの休憩時間も設けられているなど、やはり西城の健康状態を考慮せざるを得なかったようだ。それでも、コンサートを終えた後は冒頭の証言のように、感謝の意を周囲に示し続けていたのだ。

「楽屋では椅子にずっと座ったままで、話すこともひかえているような状況でしたが、時折うなずいたりして意思疎通を図っていたそうです。その努力には本当に心が動かされた人が多かったようですね」(前出・音楽関係者)

 最近は、1日数時間、歩行なども含め筋肉トレーニングをしながら、東洋医学の治療も行っていると伝えられる西城だが、着実な快復を祈るばかりである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!