芸能

キンコン西野が「夏に吉本興業の売り上げを極端に上げます」宣言の深意

「意外とボクは義理・人情の男」

 そのようにみずからの人間性を分析したのは吉本興業のお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣だ。歯に衣着せぬ発言で世間を騒がせてきた男は、4月9日更新した「西野亮廣ブログ」で、大上段に構え、こうつづっていた。

 西野は、まず、近年著名人らの間で盛んになりつつある有料会員制サービス「オンラインサロン」のメンバーが現時点で3527人も在籍していることを明かした。そのうえで、タレント目線から見たオンラインサロンの実態が「スポンサーさんが制作費を払って、制作費の一部がタレントのギャラになるという広告収入を最大の柱としたビジネスモデルからの自立」であり、サロンでの収入を確保することが芸能事務所からの自立に直結すると分析。

 結果として、「オンラインサロンで生活が回りだしたタレントに対して、(芸能事務所は)『干す』というカードがきれなくなるので、これまでのようにコントロールできなくなる」と説明し、多くの場合、タレントのオンラインサロン運営は所属事務所からの反発にあうと紹介した。

 しかし、西野は自身が吉本興業との間に確固たる信頼関係を築いているため、「ありがたいことに吉本はそこを好きにやらせてくれます」「1ミリも口を挟んでこないどころか、サロンメンバー(3527人の中)に普通に吉本興業の社員さんがいらっしゃいます」とも告白。そして、「意外とボクは義理・人情の男ですので」と自負すると、自由を与えてくれる事務所に対しては「キチンとお返しするつもりです。具体的に言うと、吉本興業の売り上げを極端に上げます」と突然の“ビッグな宣言”を施し、「今年の夏に」何らかのサプライズな仕掛けがあることを示唆した。

「西野は物怖じしない性格や、言葉のキツさなどから、常にケンカ腰なイメージが付きやすいですが、中身はジェントルマンそのもの。意味なくファンを貶めることもしないですし、絆や縁を大切にする熱い男です。オンラインサロンの評判も上々で、事務所からの独立はいつでもできる状態ですが、それをせず、吉本所属にこだわるのも彼なりの恩返しなのでしょう。順調にサロンのメンバー数が増えるのも納得ですね」(テレビ誌ライター)

 はたして西野が仕掛ける夏のプロジェクトとは何を指しているのか。もしも彼の宣言通り、巨大芸能事務所の売り上げを1人で“極端に上げる”ことができれば、西野と吉本興業の信頼関係はさらに強固なものとなりそうだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった