芸能

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(6)妻をも苦しめた古尾谷雅人の「こだわり」

 2月17日から3月10日までテレビ朝日系で放送され話題となった、「4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!」。

「40年以上に渡って愛されてきた“スーパー戦隊シリーズ”のスペシャル企画で、シリーズの中でも特徴的な5組の人気戦士が力を合わせて戦う豪華オールスター版に、かつて彼らの勇姿に胸を焦がした大人たちもテレビにかじりついたようです」(テレビ誌記者)

 スーパー戦隊シリーズの元祖といえば、「秘密戦隊ゴレンジャー」(NET=現・テレビ朝日=系)。特にアラフィフの男性は、メンバーの中で紅一点だったモモレンジャーこそ性の目覚めであったという者も多いはずだ。加えて、そんなゴレンジャーにさわやかな艶っぽさで華を添えていた、加藤陽子の存在をご記憶なら、かなりの通である。これを演じていたのは、80年代の日活映画の人気女優・鹿沼絵里。自死した俳優・古尾谷雅人さんの妻であった。

「古尾谷さんは03年3月25日に、文京区の自宅の寝室で首を吊って自死。遺書を残していませんでしたが、当時、芸能事務所の経営失敗やマンションのローンなどから3億円もの借金を抱え、闇金融に頼らざるを得ないほど金銭的に困窮していたといいます。また、妻の鹿沼さんに暴力をふるわずにいられない自分自身に悩んでいたことを、のちに鹿沼さん本人が明かしています」(芸能記者)

 人気俳優だった古尾谷さんだが、「気に入らない仕事はやらないから、お金がまったく入ってこないこともあった」とも鹿沼さんは語っていた。俳優としてのこだわりの強さが、自身を、そして家族を苦しめていたというのだ。

 苛烈にしか生きられない2人が惹かれあったのも必然。そして、破綻するしかなかったのも必然だったのかもしれない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】