政治

ニッポンの「タブー」大百科(4) 永田町編 安住財務相に「女装クラブ常連説」急浮上!

高潔で知られる政治家に、こんな信じられない裏素顔があるなんて・・・・。“伏魔殿”とはよく言ったもので、政界は何でもアリだ。それにしても、センセイ方、下ネタタブーが多すぎやしませんか!

 日本経済失速の元凶、円高に立ち向かう安住淳財務相(49)。大変な激務で、さぞやストレスフルな毎日だろう。
 ところが、重責を担う以前からストレスはたまっていたようだ。入閣するはるか以前、あるジャーナリストは意外な場所で安住財務相を目撃したというのだ。
 そのジャーナリストはこう話す。
「安住氏を目撃した場所は浅草橋です。いったいなぜこんな場所にいるのかと思い、こっそり尾行したのです。すると、安住氏は会員制女装クラブに入っていくではないですか。私には女装の趣味はなかったが、真実を知りたい思いが勝り、マニアを装って会員になりました。ところが、一歩先に入店したはずの安住氏の姿はありませんでした。事後に聞いてみたら、店内はVIP会員と一般会員の部屋に分かれていたんです。安住氏がかなりの常連でVIP会員だったのか、単に私の見間違いだったのか」
 単なる見間違いであってほしいが、やや変わった趣味をお持ちのセンセイは意外と多い。政治評論家の本澤二郎氏が言う。
「政治家とて人間ですから、性的に倒錯していたとしても不思議ではありません。かつて、総理大臣を経験した有名な政治家にも、妙な性的な趣味を噂された人もいます。その政治家の場合は、たとえ男性でも〝関係を持った相手〞のほうが秘密を守ると考えたというんです。例えば、秘書との間にただならぬ関係ができると秘密を守るばかりか、罪をかぶって刑務所へ行ってくれることもある。身を挺して自分を守ってくれるというわけです」
 スキャンダルごと墓場までということなのだろうが、タブーも一緒に抱えて最期を迎えるのは非情な話だ。
 もちろん、女好きの政治家のほうが圧倒的多数のようで、その種の禁忌は数多い。
「ある自民党議員Xは、党の女性職員にセクハラを働き、訴訟に発展しそうになっています。他にも民主党の長老議員Yなんて、取材に行くと、議員会館に詰めている女性秘書が『ねぇ、あなたちょっと・・・・』とYを呼ぶんですから、彼女が愛人なのは公然の秘密です」(政治部記者)

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」