社会

山本景大阪府議 LINE恫喝の一部始終と大人げないその素性

20140828g

 号泣県議、セクハラヤジ都議、淫行市議‥‥次々と発覚するハレンチ地方議員に、新たな「メンバー」が加わった。女子中学生と「不適切な交流」をしたあげく、恫喝。大人げない30男の素性を調査すると、続々と「余罪」が発覚したのである。

「イジメの実態を把握するためだったが、保護者の同意を得ることなく中学生とLINEをやったことは大いに反省すべきことだと思います」

 8月14日、大阪府庁で釈明会見を開いたのは、山本景大阪府議(34)である。まずは社会部デスクが、山本氏の「罪状」を説明する。

「昨年10月、山本氏は、地元の交野市の祭りで知り合った女子中学生に名刺を配布し、複数がメールなどで交流できるスマートフォンの無料通信アプリ「LINE」上に15人のグループを作成。ところが山本氏は、グループの女子に誘われた男子生徒がLINE上で「死ね」「キモい」などの暴言を吐くと、即、退会させた。その後、山本府議の事務所で『お茶会』を開こうとしたが、女生徒が反応を示さなかったところ、『おいおい、全員無視?』『校長に連絡する』『徹底的にやる』と逆ギレ恫喝したことが表ざたとなりました」

 産経新聞が「女子中学生に不適切なメールを送った維新府議」との記事を掲載した8月8日の午後、山本府議は即座に会見を開き、「言うべきことを言ったまで」と強気で反論したが、直後に橋下徹大阪市長が「子供と直接LINEなんかしない。普通は父兄でしょ。厳正に処分する」と発言すると一転、「大人げなかった」と2度目の謝罪会見をするも、所属する大阪維新の会の府議団からの除団という厳しい処分が決定。その後、山本氏は3度目の会見に臨む。

「頭を丸刈りにして反省の言葉こそ口にしましたが、重すぎる処分、橋下氏への反論、テレビ番組で『キモい』と言われたことへの不服ばかりでした。しかし、記者からは、女子小中高生との不自然な交流に関して集中的に追及されています」(前出・社会部記者)

 というのも、このLINE騒動以外にも、山本氏には「不審な行動」が多々見受けられたからだった。

 例えば、下校途中の女子生徒に「たこ焼きおごってやる」と声をかけて事務所に招き入れたとされるなどの「ナンパ行為」。

 12年2月には、下校中の小学生女児とのやり取りを、わざわざブログにアップしている。

〈小学生A「山本けいって31歳でしょ」

山本「そう」

小学生B「すきな女性のタイプは?」

山本「難しいな‥‥かわいい子かな」

小学生B「私ってかわいい?」

山本「‥‥うん」

小学生A、B、C、D、E、F、G「キャー」〉

 府議会関係者がタメ息を漏らす。

「およそ政治家とは思えない幼稚な会話をわざわざ書き連ねたうえ、ブログの最後には〈私は、小中高生、特に小中高生の女の子になぜか人気があります〉と自慢げに語っている。今年6月には、路上に止めていた自分の自転車にまたがる女児の姿を携帯で撮影し、〈小学生の女の子が私の自転車に乗っていました。私の自転車に乗ってどうするんでしょう〉と、うれしそうに掲載しています」

 これらのブログはなぜか騒動発覚後に削除された。府議会関係者が続ける。

「あの年代の女子生徒に名刺を配ること自体が異常でしょう。『教育改革に興味があったので、子供の意見を聞くのは当たり前だ』という言い分ですが、フラチな魂胆がないかと追及されてもしかたないのではないか。そもそもLINEで暴言を吐かれた程度で異常に反応しているところに幼児性を感じます。本人は慌てて『大人の女性と交際したことがある。実は事実婚している』と、ロリコン説を否定していますが」

 在阪ジャーナリストの吉富有治氏が喝破する。

「保護者をすっとばして中学生とLINEでくっつくというのは、30過ぎたいい大人のやることではない。ロリコンという嫌疑を受けるのもしかたない。ここは真摯に反省すべきです」

 一連の行動を日本中の大人たちが「超キモい」と感じたのではないか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意