スポーツ

大谷翔平が惚れこむ水原一平「愛される理由」(2)大谷が結婚をサプライズ祝福

 日本ハム関係者が振り返る。

「外国人を送迎する水原氏が彼らを降ろした後、大谷も寮まで送ることが多かった。入団時からメジャーを意識していた大谷の目には、流暢に助っ人と意思疎通する水原氏は適材の人物に映ったかもしれません」

 実際、日本ハム在籍時から水原氏は単なる通訳以上の仕事ぶりで知られていた。当時担当したレアード(36)も大谷の渡米に際し、「イッペイが付いて行くなら心配ない。他の選手との関係や環境を整えてくれる」と太鼓判を押したほどだ。

「よく食べログで店を調べては連れて行ってもらったことがいい思い出のようです。大谷と仲がよかった投手・メンドーサ(40)も、銀行から買い物の世話まで、私生活のすべてを任せるほど頼っていた。水原氏は18年に結婚していますが、本人いわく奥さんとは『メンドーサと行った東京のクラブで知り合った』らしい。ただし元ファイターズガールという噂もあり、彼女の素性を公表しないための発言だったかもしれません」(日本ハム関係者)

 ちなみに大谷はメジャー入りの渡米の際、サポート契約するJALの機内で、

「僕のマネージャーがこの飛行機に乗っています。彼は僕の夢のために日々サポートしてくれました。急にアメリカに来ることになり、婚約者の方にプロポーズをする時間もありませんでした。彼女も今、機内にいます。個人的なお願いで恐縮ですが、今日が特別な日になればいいと思います」

 と放送を流し、結婚をサプライズ祝福。新婚旅行もプレゼントしたという。

 渡米後の活躍は大谷さながらで、在米ジャーナリストも英語力を称える。

「水原氏は大谷が言ったことを直訳するのではなく、なかば無視してスラングを交えて伝えています。WBC優勝時も、もともと大谷をリスペクトしてやまない大投手、ペドロ・マルティネス(52)がインタビューを行い、水原氏に〝120%変換〟された大谷の受け答えに感動していました」

 また、素人だった野球の実力も徐々に上達した。

「エンゼルス時代に『イッペイもノックを受けろよ』と選手から促されて、臆することなく参加。投球フォームを模してからノックを受ける流れで、そもそも投げ方すらおかしい素人でした。全員がエラーしなかったら終了なのですが、最後にイッペイが手加減なしのピッチャーライナーを捕って終わった時は、拍手とハイタッチで盛り上がりました。今では、キャンプでライナーを横っ跳び捕球するまでに成長しています」(在米ジャーナリスト)

 最後は給料事情。何しろ、相棒が球界初の〝1000億円プレーヤー〟。それ相応の収入のはず‥‥。メジャーに詳しいジャーナリスト・友成那智氏が言う。

「メジャーの球団通訳は通常、ベースの給料に遠征時の手当や食費、交通費などが乗って約15万ドルほど。水原氏は能力が他の人よりも高いので、20万ドル(約2800万円)を超えてくるかもしれない。ただそれと別に、大谷と個人的な契約を交わしている可能性は大いにあるでしょう」

 中には「大谷の年俸の1~2%が水原氏に支払われる」と話すMLB関係者もおり、信憑性は高い。1000億円の2%は20億円。つまり年俸換算で約2億3000万円の収入になる。

「真偽はともかく、少なくとも1億円をくだることはないはず。もはや選手よりも稼ぐ〝ハイパー通訳〟ですよ」(MLB関係者)

 世界一の選手となった大谷には、世界一の通訳こそがふさわしいのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」