芸能

やす子と安村「初冠番組」の残念すぎるルール…「ヒッチハイク旅」大失敗で第2弾が消えた

 お笑い芸人のやす子と、とにかく明るい安村の「安村やす子のヒッチはい~ク旅」が3月2日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送されたが、評価はいまひとつ。せっかくの初冠番組だが、第2弾はなさそうだ。

 これは2人がヒッチハイクで乗せてくれた人の目的地まで一緒に行き、乗り継いでゴールを目指すルール。乗る前に行き先を聞くことができず、途中下車することもできないというかなり厳しいルールに、放送前から「このルールでゴールできるのか。できたとしても、長距離を歩くのではないか」と懸念する声が出ていた。ルール設定が雑だというのである。その予想は的中。

「ヒッチハイクに成功したら絶対に乗らないといけないので、ほぼ運頼み。一応、どこでヒッチハイクをするかや車のナンバーで判断はできますが、ほとんど役に立ちませんでした。運で結果が決まる旅が面白いはずもなく、やす子の元気さと一生懸命さ以外に見どころはありませんでした」(テレビ誌記者)

 テレ東の旅番組を代表する「トラック乗り継ぎ旅」もヒッチハイクでトラックを乗り継ぎ、ゴールを目指すという似た企画。しかし今回、旅の魅力は全く感じられなかったと、テレビ誌記者は言う。

「『トラック乗り継ぎ旅』は、運転手さんとタレントが最初はよそよそしかったのに、旅を共にするうちにすっかり打ち解ける『人と人のふれあい』が魅力です。ところが『ヒッチはい~ク旅』は乗る距離が短く、ふれあいは表面だけのものに終わりました。乗せてくれた人の家を訪れて、なんとかスキンシップを図っていましたが、効果があったとは言えません。土曜スペシャルの放送時間は短くても1時間半、長いと2時間半ですがこれは1時間ちょい。ふれあいがなく撮れ高が低かったので、こんなに短くなったとしか思えません」

 番組の途中で「トラック乗り継ぎ旅ザ・ワールド!激走アメリカ横断3500km!ルート66を辿る」の告知が行われたことで、このために作られた番組なのでは、との憶測も飛び出したほどだ。テレビ誌記者が続ける。

「旅は予想通り、過酷なものになりました。結果は失敗で、2人に『第2弾をやりますか?』という質問がぶつけられました。テレ東の旅番組は新たなものが次々と誕生していますが、最後にこのような質問があったことは、あまり記憶にありません。2人は一瞬、たじろいだ後で『やらせてください』と言っていましたが、このシーンが流れたことでむしろ、第2弾はないなと感じました」

 2人は新たな冠番組の可能性を探った方がよさそうだ。

(鈴木誠)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人