芸能

ナイツ 塙宣之「わからないまま始まった監督業」/テリー伊藤対談(1)

 今やすっかり浅草芸人の顔になった漫才コンビ「ナイツ」の塙宣之。公開間近の映画「漫才協会 THE MOVIE~舞台の上の懲りない面々~」で監督デビュー。漫才協会と東京芸人への愛が詰まった1本に天才テリーも「面白い」と大絶賛! 漫才協会会長としての大きな夢も飛び出した。

テリー ついに初監督作品が公開ですね。

 ありがとうございます。そんなに監督って呼ばれるほどのことはやってないんですけど。

テリー 3月1日公開の映画「漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~」。さっそく見させてもらいましたけど、すごくよかった。ビックリしました。

 あ、ほんとですか。よかった。うれしいです。

テリー 何がよかったって、初監督ってやっぱり力が入るじゃないですか。そういう気負いがまったくなかったですね。

 それはもしかしたら、自分でも何だかよくわからないまま始まっちゃったからかもしれないですね。最初はニッポン放送の「ミックスゾーン」(ラジオ制作会社)っていう会社の人から「漫才協会の映画を撮りませんか」っていう話があって、「とにかくインタビューをいっぱい撮って、それを見せていく映画にしましょうか」っていう簡単な案だけあったんですよ。

テリー ああ、そうなんだ。

 でも、さすがにそれだけだと飽きちゃうから、途中で「この人、やめるきっかけもあったのに、何で今でも舞台に立ってるんだろう」っていうドキュメントを撮った方がいいかなと。それで撮りながら色々変えていった感じですかね。

テリー 映画にはいつも塙さんがテレビでネタにしているような師匠の方々がたくさん出てきますよね。もちろん、若手の人たちも。中でもね、俺が一番印象に残ったのは、高峰コダマ師匠。

 あ、そうですよね。さすがです。

テリー あの人、すごいよね。

 協会員でも知ってる人があんまりいない師匠で。僕、あのシーンだけはどうしても入れたくて、結構終盤で「コダマ師匠入れていいですか」って言って、もう1回師匠の家に行って撮影したんですよ。

テリー 絶対正解だよ。俺、あの人だけで1本の映画になると思う。ものすごく怪しい雰囲気でね。コダマ師匠はどうやって生計立ててるの?

 それがよくわかんないんですよ。

テリー 師匠の自宅を訪ねても結局、中に入れてもらえなかったでしょう?

 入れてもらえなかったです。でも、実はコダマ師匠が一番芸人らしい芸人で。編集でカットしたんですけど、行くと必ずお小遣いをくれるんですよ。取材が終わった後も、どら焼きが送られてきて、その中に「撮影してた人に」って1万円が入ってたりとか。そういうことをちゃんとやる方なんですよ。

テリー コダマ師匠はもう舞台に上がらないって言ってるよね。何で芸人続けてるの?

 それもわからないんですよ。「もうすぐわかるから」って言って、2年ぐらいずっと教えてくれないんです。

ゲスト:ナイツ 塙宣之(ナイツ はなわ・のぶゆき)1978年、千葉県生まれ。大学卒業後の2000年、落研の後輩・土屋伸之と「ナイツ」結成。2008年の「M-1グランプリ」(ABCテレビ)で3位に。以降、2010年まで3年連続で同番組の決勝に進出。2007年、史上最年少で「漫才協会」の理事に就任すると、副会長を経て、2023年、会長に就任した。現在は「ナイツ ザ・ラジオショー」(ニッポン放送、月~木)、「ナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ、毎土)、「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)などにレギュラー出演中。また2018年より「M-1グランプリ」の審査員も務める。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」