スポーツ

世界の福本豊<プロ野球“足攻爆談!”>「絶不調オリックスの大きな問題点」

 リーグ4連覇を狙うオリックスのエンジンがなかなか掛からない。小久保新監督が率いるソフトバンクに大きく引き離された。エースの山本由伸がドジャースに移籍した影響というよりも、予想以上の貧打に苦しんでいる。30試合を終えた時点で7度の完封負け。打つべき人が打っていないどころか、1軍にもおらんのやから話にならない。

 各打者の調子が上がってこないのは、中嶋監督が打線をコロコロ動かしすぎの影響もある。ラオウこと杉本なんて、開幕6試合目でスタメンを外され、5月1日には2軍に落とされた。3年前のホームラン王。阪神の佐藤輝と同じで、試合に出し続けていたら20本塁打は打てる打者。打率は低くても相手は怖がってくれるし、ある程度はベンチが我慢して使うことが必要になる。

 確かにリーグ3連覇した去年までも猫の目打線で勝っていた。データや相性、調子などを考慮して決めてるんやと思う。だけど、負け始めると、そういう打線の組み方では調子の立て直しが難しい。もともと野球は打者が7割の確率で失敗するスポーツなんやから。打てなかったら次の試合でタイミングを変えてみたり、スイングを微調整したりして臨むもの。それが試合前に「今日は休み」と言われたり、4番を打った翌日にいきなり8番と言われたら、落ち着いて野球ができん。

広島からFAで加入した西川龍馬も自分の役割を把握できてないかもしれん。天才的なバットコントロールを持つ打者が打率2割に届くかどうかなんて考えられない。打線というのは、それぞれ役割がある。中日の応援歌「燃えよドラゴンズ!」にあるように、1番〇〇が塁に出て、2番〇〇が送りバント、3番〇〇がタイムリー、4番〇〇がホームラン。打順がコロコロ変更されたらこの歌詞も成立しない。西川の役目はチャンスメイクなのか、ランナーをかえす方なのか、しっかり定めた方がいい。

 僕は高い給料を払っているんやから、西川は3番で固定すべきやと思う。クリーンアップが打たなければ野球は負け。それぐらいの責任を負わせた方がいい。オリックスと対照的に、ソフトバンクは柳田、山川、近藤のクリーンアップが開幕30試合、まったく動かなかった。山川、近藤の移籍組に負けじと、柳田も今年は元気に試合に出続けている。チームの顔としては当たり前のことやけど、それ絶不調オリックスの大きな問題点ができない選手が多い。クリーンアップだけでなく、昨季までは試合に出たり出なかったりの周東も1番に固定されて、コンスタントに打って、順調に盗塁を積み重ねている。小久保監督がどっしり構えて戦っているから、チーム全体に落ち着きがある。

 それと、ソフトバンクの戦いを見ていると、勝利に飢えている感じがする。長年、パ・リーグの王者として君臨していたけど、この3年間はオリックスに優勝をさらわれた。サヨナラ勝ちの瞬間など、ベンチ全員が本当にうれしそうにしている。FAで西武から山川を獲得して、今年は何が何でも勝たなアカンという雰囲気がある。

 ソフトバンクは今の戦い方を続けていたら、急にガタガタになることはない。オリックスがまくるには相当、頑張らないとアカン。そのためにはまず、それぞれの役目を明確にして、責任の所在をはっきりさせることが必要やと思う。

福本豊(ふくもと・ゆたか):1968年に阪急に入団し、通算2543安打、1065盗塁。引退後はオリックスと阪神で打撃コチ、2軍監督などを歴任。2002年、野球殿堂入り。現在はサンテレビ、ABCラジオ、スポーツ報知で解説。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】