スポーツ

キャプテン渡辺×田中道子×水戸正晴「日本ダービー」1強1点突破に待った!(2)末脚が光る馬の中ではアーバンシックが魅力

田中 東京競馬場ということで、末脚が光る馬はどの馬だろうと見渡した際、気になっているのがアーバンシックです。皐月賞は大外をブン回して上がり2位の末脚で4着にきましたし、小回りの中山よりも直線が長くて広い東京の方が、この馬の力が輝きそうだと思ってるんですけど。

渡辺 3走前の百日草特別は先行馬有利の流れの中、最後方から33秒2の脚で一気に抜き去る、すごく強い競馬だった。ただ、あまり後方だとどうかな。近10年を見ても最終コーナーで後方(13番手以降)から勝ちきったのはドウデュースぐらい。まあ、コスモキュランダが早めにまくりにいって、前の馬たちが苦しくなるようなら、この馬の地獄の追い込みが炸裂するかもしれないけど(笑)。

水戸 血統で言うと、この馬はレガレイラとほぼ一緒なんですよ。父は共にスワーヴリチャードで、母エッジースタイルはレガレイラの母ロカの全妹。私は皐月賞1、2着馬を負かすとすればレガレイラだとみているから、アーバンシックにも△印は打つけど、スタートが少しどんくさい。

田中 過去4戦とも不利や接触があったにしても、すべて出遅れていますよね。

渡辺 もし、そういう馬を本命にするなら、出遅れは覚悟の上。ゲートをうまく出たらラッキーと思うぐらいでないと。僕にはその勇気はないですけど。

水戸 出遅れ癖はやっぱり気になるよな。レガレイラもスタートが上手な方ではないけど、皐月賞は4角で不利がありながらも上がり最速タイをマークしているし、曽祖母のウインドインハーヘアはディープインパクトの母。東京なら一発があっても不思議はない。

田中 私もレガレイラの鞍上がスムーズに乗れる騎手なら買いだと思っていたので、ルメール騎手の復帰は大歓迎です。さっき乗り替わりはマイナスと言いましたけど、この馬に関しては買い目に入れたいです。

渡辺 皐月賞組であれば、5着だったシンエンペラーに配当的な魅力を感じますね。今回は間違いなく人気を落とすでしょう。勝つイメージは湧かないけど、内枠に入れば3着なら、あってもおかくない。

田中 この馬はデビューから芝1800メートル以上ばかりを使われていますけど、シユーニ産駒は血統的に長距離向きなんですか? 皐月賞の時、ジャスティンミラノに突き放された点が気になっているんですけど。

水戸 私は父より母系を重視するんだけど、母父がガリレオ(英・愛ダービーなどGⅠ3勝)で全兄のソットサスは凱旋門賞馬。姉のシスターチャーリーも米GⅠのBCフィリー&メアターフを勝っているように、距離の不安はないですね。

キャプテン渡辺:ピン芸人。競馬歴は29年目。点数を絞った買い目が好評。テレビ東京「ウイニング競馬」に出演するほか、ユーチューブ「くず競馬チャンネル」(毎週土曜)では、日曜の重賞予想を配信中。

田中道子:女優。競馬歴は9年目。大穴党の豪快な馬券術で〝バチコン姉さん〟の異名を持つ。現在〝1番人気を本命にしたくない病〟と格闘中。4月22日、J3アスルクラロ沼津のFW川又堅碁選手と結婚。

水戸正晴:サンケイスポーツ記者。競馬記者歴は50年目。昨年末の週刊アサヒ芸能「有馬記念座談会」で1、2着馬をズバリ的中させるなど、数々の超大穴馬券をヒットさせている。週刊アサヒ芸能「『絶対万券』論」を執筆中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
4
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
5
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定