社会

驚くべき進化を遂げるAIロボットの起源は「人造人間ゴーレム」だった

 近年、ロボットにAI技術を搭載するAIロボットの普及が急加速している。特に製造業における進化は目覚ましく、最近では作業環境を認知し、自分の動きを調整するなど、その性能はすでに「自動化」から「自律化」へと突き進んでいる。

 ところで、皆さんはそんな進化を続けるロボットの起源をご存じだろうか。

 実はロボットという名前が生まれたのは、今から遡ること100年以上前の1921年。チェコの劇作家カレル・チャペックがプラハで書いた戯曲「Rossum’s Universal Robots(ロッサム万能ロボット会社)」 でこの「ロボット」という名前が使われたのが最初だといわれる。

 つまり、ロボット発祥の地はチェコだと言っても過言ではないわけだが、そのルーツは、チェコの首都プラハ市内を流れるヴルダヴァ川の土で造られたとして古くから伝承される「人造人間ゴーレム」なのである。

 ゴーレムはヘブライ語で「未完成のもの」を意味する。16世紀後半、プラハで暮らすユダヤ人たちは、キリスト教徒により迫害を受けていた。そこで迫害から逃れるため、ユダヤ教徒は賢者に懇願。そして土の塊から泥の人形を生み出した人造人間が、ゴーレムだったとされる。

 ただ、ゴーレムを作り出した賢者が誰なのか、その時期がいつなのかについては諸説あり、どれが正しいのかはわかっていない。だが、中でも有名なのが、16世紀のプラハのラビ(ユダヤ教の神父)、イェフダ・レーヴ・ベン・ベサレルだとされる。

 伝承によれば、レーヴは1520年にチェコのプラハ生まれで、神父であると同時に神秘思想家だった。そして「ゴーレムを造るように」との天啓を得た彼は娘婿と弟子を伴い、深夜にヴルダヴァ川へ出かける。そこで土を集め、「詩篇」の詩句を唱えて祈った。そして3人で土をこね、3メートル以上ある巨大な人型を造ったとされる。

 3人が呪文を唱えながら、その人型の周りを何周かするうちに、なんと土人形から爪や毛が生え、ついにはその表面に人間の皮膚のような、うっすらとした光沢が生じる。神の名を記した護符をゴーレムの口の中に入れ、最後の呪文を唱えると、ゴーレムの目が見開き、やがて起き上がったというのである。

 ゴーレムによる脅威もあり、やがてキリスト教徒によるユダヤ教徒への迫害は収まった。そして使命を終えたゴーレムは、ユダヤ教の会堂(シナゴーグ)の屋根裏部屋に連れていかれる。そこでベサレルら3人が呪文を逆に唱えると、ゴーレムの呼吸は停止。全ての儀式を終えた後、ゴーレムは土の塊に戻っていった。これがプラハで今も語り継がれる「人造人間ゴーラム」の伝説である。

 現在もプラハに残る旧新シナゴーグには、ゴーレムの残骸が隠されていると信じられている。前述したAIロボットと3D技術の進化により、死者の姿を再現することも可能になった現代。もしかしたら近い将来、ロボットのルーツとなった「ゴーレム」が、3Dロボットとして蘇る日が来るかもしれない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し