社会

モザイクなし動画9500万円荒稼ぎ逮捕に「えっ、あのNaomi?」ダレノガレ激似容疑者へファンがズバリ本音!

 5月17日早朝、警察に連行されながら手で顔を覆いっぱなしのスレンダー美女の画像が拡散されて話題となった。

 この女性は、わいせつ電磁的記録陳列の疑いで逮捕された無職・板橋尚皇実(なおみ)容疑者32歳。板橋容疑者は2021年からこの春までの約2年半に、同じく逮捕された29歳の自営業・桐伸年容疑者とともに、200点近い大量のモザイクなし動画をネット上にアップ。およそ6万人のフォロワーを獲得し、約9500万円もの利益を上げていた。

 手口は、板橋容疑者が出演して繰り広げる性行為を桐容疑者が撮影し、そのダイジェスト版をⅩに投稿、「もっと見たい」というフォロワーを海外の有料サブクリプションに誘導するというもの。そこでNaomiiihubとクレジットの付いた本編動画を閲覧させていた。

「インスタグラム上でも肝心の部分をギリギリ見せない過激グラビア系のショットを大量にアップして、常にファンを増やしていました。人気だった理由はモザイクなし以外に、ハーフ美女でタレントのダレノガレ明美に激似という声もあった板橋容疑者のルックスです。ただし、画像はかなり加工されていましたが…」(週刊誌ライター)

 SNS上で「ソーシャルメディアインフルエンサー」を名乗っていた2人だが、違法動画で1億円近くも荒稼ぎしていたら逮捕されるのも当然。ところが前出の週刊誌ライターは、世間の反応の意外さに驚いたという。

「終始、自ら顔を覆い隠して連行される板橋容疑者の画像が拡散されると『えっ、あのNaomi?』と、ファンと思しき男性たちからの反応がかなりあったんです。すると、まるで逮捕を惜しむかのように動画のキャプチャ画像などを貼り、容疑者を非難するどころか、残念といったニュアンスの投稿の方があきらかに多かった。いわく、この事件には被害者がいないというわけです。そんなことより悪徳政治家など本物の悪人をもっと逮捕しろと、警察への反論を箇条書きしたファンもいたほどです」

 逮捕後、板橋容疑者は「犯罪とはわかっていても投稿を続けました。借金の返済や生活費のため、お金を稼ぎたいという思いから続けた」と、稼ぐことが目的だったと供述している。一方、金銭を投じていた男性たちも「見たくて払っていた」「ファンだった」と、ウィンウィンだったことをSNS上で強調したのだ。

「多くの人が同じように投稿しているので捕まらないと思っていた、と板橋容疑者は話していますが、実際、もっと過激な内容でも逮捕されていない有料動画投稿者は、数え切れないほどいます。今回はズバリ、動画点数が多くて目立ったこと、そして稼ぎすぎたことが逮捕へと至った最大要因でしょう。皮肉にも、人気が裏目に出たパターンですね」(前出・週刊誌ライター)

 もちろん、脱税問題なども絡んできそうな今回の案件に同情の余地はない。しかし、政治家の裏金工作など、国民が納得できない事件が多すぎる今、「被害者はいない」というNaomiファンの反論に「それな」と相当数の同調意見があったことは、見逃すことのできない実情だろう。

(田中康)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し