芸能

酒井法子の元夫・高相祐一が事件の真相を激白(3)「白い粉騒動はハメられた」

20150205c

 時に笑顔を見せながら、過去を振り返る高相氏だが、酒井との離婚後の生活を語り始めると、とたんに表情が引き締まった。

 それは薬物依存との戦いの日々であるからだ。

── 何度か薬物使用疑惑が報じられました。例えば、「FLASH」(10年3月30日号)では、青山の路上で白い粉を受け取る写真が掲載されているが‥‥。

「あれは、ハメられたというのか‥‥。もちろん週刊誌にハメられたのではなくて、他の誰かが意図的に自分を誘う状況を作って、それが写真を撮られることにつながってしまった。路地裏に連れて行かれた時に、明らかにハメられたと気づいて、直後に白い粉は捨てました。ただ、受け取ったのは事実であって、自分の意志の弱さを痛感しました。それで、ダルクに行く決意をしたんです」

 この「ダルク」とは薬物依存症更生施設で、現在はASKAや田代まさしが入所していることでも知られている。

── そのダルクでは、どんな生活を?

「1年6カ月間、入所していました。基本的には毎日3回のミーティングがあって、仲間たちとドラッグ体験を語り合い、どうすればやめられるのか、テーマに沿って話すんです。基本的にはクスリなしで生活するつらさを分かち合う場所でした。門限は23時で外出は自由、1日2000円の小遣いをもらって、それで生活します。ただし、酒とギャンブル、それにオンナは厳禁でした」

── ということは、1年半は自分で処理するだけ?

「それは禁止されていないけど、相部屋で生活しているから、なかなかできるものじゃないですよ」

── でも、結果的にはやめれらなかったんですよね。12年6月に麻薬取締法違反で逮捕されている。原因となったAMTという薬物は危険ドラッグでしょう?

「当時は合法ドラッグって呼ばれていて‥‥。最初の逮捕で知り合って相談に乗ってくれる刑事さんがいて、『違法と合法では大きく違う』と聞いて、単純に違法じゃないから大丈夫だろうと考えてしまい、合法ドラッグを使ってしまったんです。AMTもネットで注文したあとで規制されていたことを知って、キャンセルしたんですが、商品が届いてしまって‥‥。3週間後に処分保留になりました。ただ、違法薬物を使用していた時にはなかったのに、合法ドラッグでは妄想症状が出たんです。刑事さんなんかいないのに、実家で『今、階下に刑事さんが来ているだろう』と勘ぐることがあって、診察を受けることにしたんです」

 高相氏は3カ月間、閉鎖病棟に入院することになる。ところが、退院後の高相氏を待ち受けていたのは就職難だった。

「新宿のマンガ喫茶に泊まって職探しをしたけど、ことごとく不採用。本当に切羽詰まって、あっち系の男優になってやろうかと思いついて、いきなりメーカーに電話したんですけど、さすがに子供もいるのにマズイよなと思い直したり‥‥。最終的には、金もなくなって新宿のキャッチのオジサンに缶コーヒーをオゴってもらうまでになっていました。そんな時、入院仲間から千葉の合法ドラッグの店員にならないかと話をもらい、飛びついたんです」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”