芸能

“神対応”!?渋谷すばるが直筆謝罪文を配布した裏事情とは?

20141126logo

 2月14日放送の「ズームイン!! サタデー」(日本テレビ系)での不愛想な態度が批判を浴びたことで、関ジャニ∞の渋谷すばる(23)が、異例の直筆謝罪文を報道陣に配布した。

 渋谷は、主演映画「味園ユニバース」の宣伝のために、共演する二階堂ふみ(20)とともに同番組に出演。司会者からの問い掛けに10秒以上無言を貫いたり、屋外で映画を宣伝する際には、フードを深くかぶり、ろくに言葉を発しなかったりと、そのぶっきら棒な態度が波紋を広げていた。

 その後、2月24日にユナイテッド・シネマ豊洲で行われた同映画の舞台あいさつに出席した際、直筆の反省文をマスコミ向けに配布したのだ。

 文書には、〈未熟な為に皆様にご迷惑をおかけすることが多々ありましたが、今後は改めるところをしっかりと改め、大人として、プロとして表に立つ人間として恥ずかしくない行動をとっていきます〉などと綴られていた。

 渋谷といえば、最近では短髪に無精ひげを蓄えて、あまり笑顔を見せることはなく、どちらかというとアイドルらしからぬとっつきにくい印象だが、音楽業界関係者はこう話す。

「もともと人見知りなうえ、昔からザ・クロマニヨンズの大ファンで、普段から甲本ヒロトさんを意識していますから、渋谷のそういった背景を知らない人には感じが悪く思われても不思議ではありませんよ。グループの枠を超えてある程度自由に振る舞えるソロでのステージでは、アイドルというよりは無骨なロッカーといった雰囲気を前面に押し出そうとしています」

 今回の直筆謝罪文も、本人の申し出に沿う形で用意されたそうだが、あえて多くを語らず、文字をしたためるあたりは無骨なロッカーらしい対応だったとも言える。

 とはいえ、その一方で結果的には謝罪という形をとった背景には所属事務所の力学が強く働いたようだ。

「一昔前のジャニーズならいちいち謝罪なんてさせなかったと思いますが、沢尻エリカの『別に…』騒動や昨今のインターネット絡みの炎上騒動には、大手芸能プロといえども敏感になっています。特に関ジャニは次期社長のジュリー副社長がマネジメントを担当し、『紅白』連続出場を果たすなど、今が一番大切な時期。すぐに謝罪させることで“火消し”に動いたかっこうです」(芸能プロ幹部)

 直筆の謝罪文に関しても、お世辞にも美文字とは言い難いものだが、

「パソコンで作ったものより、気持ちがこもっていていい」「反省の色がうかがえる」など、ネット上での反応は悪くなかった。結果的には“神対応”となった渋谷だが、今後の自己プロデュースをどうしていくかはお手並み拝見である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる