芸能

石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(2)「1500万円足りない」

石原が乗り気だったという「図書館の神様」は、同名の原作小説がある。そこには随所に、濡れ場を想起させる愛欲シーンが登場するのだ。例えば――、
  〈私は浅見さんの額にキスをした。とりあえず、浅見さんとくっついている時は、それでいいと思える〉
「浅見さん」は、主人公の女性教師の不倫相手だ。
〈私達はいつもこの部屋で大差ない会話をして、愛し合って別れる。その繰り返しだ〉
〈会って、ただ愛し合う。それだけだ。(中略)会えばいつでも一刻も早く浅見さんと抱き合いたいと思った。体を合わせている時だけは、愛と呼んでも差し障りのないものがあるような気がして、私達は必死で愛し合った〉
 映画製作が実現していれば、清純派が「大人の女優」としてのステップを上がる、超話題作となったかもしれないのだ。スポーツ紙芸能担当デスクが言う。
「ぜひヒット作が欲しい状況下、一つでも映画が頓挫するのは痛い。歓迎されざる事態ですよ」
 再びI氏が告白する。
「Sさんは『資金がショートした。製作費を一時的に立て替えなくてはいけない。1500万円足りないんです。何とかなりませんか』と言ってきた。そこで私は1500万円を用意し、貸し付けました。2010年9月のことです。Sさんは『ここ1カ月ほどで返せますから』と約束しました」
 だが、期日を過ぎても、「もうちょっと待ってください」の繰り返しだったという。
「Sさんは返せない理由として、『外国のファンドから入ってくるはずだった金が入らなかった』と説明し、英語で書かれた書類を見せましたが、私にはよくわからなかった。(S氏の)弁護士に電話すると、『いや、返さないと言っているわけじゃない』と言う。Sさんは『あと×日で何とかなる』『記帳されているけど、まだ下ろせない』というような連絡をしてくるんですが、お金は返ってきませんでした」(I氏)
 そこで両者は10年11月に「念書」を交わす。S氏の直筆に署名、拇印が押され、こう書かれてあった。
〈12月3日迄に、お約束した金1500万円をお支払い致します。但し、上記を履行出来なかった場合は、私が所有する土地と建物(編集部注:実際の念書には自宅住所が記載)を担保として提供します〉
 さらに翌12月には「明け渡し承諾書」も作成。返済できなければ自宅を即座に明け渡す旨、記されている。この時点で、金額が1600万円に変わっているが、
「Sさんが『申し訳ないから』と、100万円上乗せしたからです」

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明