芸能

追悼・大橋巨泉 愛弟子・共演者が語るゲバゲバ型破り人生!(1)TV界の常識を破壊した型破りな素顔

20160804e1st

 昭和の巨星逝く──。「11PM」をはじめ、「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」「世界まるごとHOWマッチ」など人気番組の司会者として一世を風靡した大橋巨泉さんが、去る7月12日、82年の人生に幕を下ろした。豪快で型破りな素顔を愛弟子らが“まるごと”明かした。

「どうぞ大橋巨泉の闘病生活にあっぱれをあげてください。勇敢に戦ってきました。特に4月からの3カ月間は死を覚悟し、全てを受け入れて一言も文句を言わず、痛みを訴えず、じっと我慢をしてくれました」

 47年間連れ添った妻・寿々子さんは報道陣に配った文書で夫をそうたたえた。

 05年に胃ガンの手術をして以来、11年間にわたってガンとの闘病を繰り広げてきた。13年に咽頭ガン、14年にリンパ節のガン、そして昨年には肺ガンが判明し、今年2月には左鼻腔内にガンが見つかった。まさに満身創痍だった。 

 巨泉さんにスカウトされて約40年前にフリーに転身した愛弟子のキャスター・小倉智昭(69)が述懐する。

「18日に営まれたお通夜で最後のお別れをしてきたのですが、巨泉さんの体は細くなり、昔の面影はなくなっていました。いろいろ口うるさい巨泉さんが、死が近づくにつれ、最後のほうはありがとう、ありがとうとしか、言わなくなっていました。奥さまの寿々子さんによると、亡くなる直前、巨泉さんは言葉が出なくなり、指を折り曲げ、3と9でサンキューって感謝を表したといいます」

 90年に55歳で「セミリタイア」した際には、今後の生き方について、

「まず第1には健康ですね。第2はパートナー、つまりカミさん」

 こう語って第一線を退いた巨泉さん。テレビ界に残した功績はあまりに大きい。真っ先に浮かぶのは、65年にスタートした「11PM」(日本テレビ系)だろう。

「ボイン」の流行語を生んだ伝説の深夜番組で、アシスタントを務めた松岡きっこ(69)が収録の舞台裏を明かす。

「現場では完璧主義者でゲストの事前調査も入念に行っていました。しかも努力家。でも、そんなそぶりは見せずに、『俺、本なんて読んでない』なんて言う。しっかり勉強しているんですけどね。そうそう、いつも本番ギリギリにスタジオ入りしていましたが、台本はきちんと覚えて収録に臨んでいましたよ」

 競馬、マージャンなどのギャンブル、そして裸をテレビで取り上げるのは当時タブーとされていた。

「どんなにアブないネタを扱う際にも、巨泉さんは『俺が責任を取る』とおっしゃっていました。だからこそ、スタッフ一丸となっていろんな企画に挑戦できたのだと思います」(松岡)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?