芸能

阿部寛、「甘いもの好き」が高じた仰天“焼き芋ニスト”素顔!

 趣味が仕事と言い切るほどの仕事人間の阿部寛。唯一の癒やしは、甘いものだった。2月21日に放送された「PON!」(日本テレビ系)に、阿部寛が日中合作映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」を宣伝するために出演。好物の話題が出た際に、阿部が答えたのがイケメンのイメージとは大きく外れた焼き芋だった。阿部は「焼き芋好き。日に4本ぐらい食べる」と告白。その多さに驚いた、ますだおかだの岡田圭右が「そんなに食べられない。毎日食べたら世界記録」と仰天すると、阿部は「昨日も食べました」と涼しい顔。

「実は阿部は大変な“焼き芋ニスト”なんです」と明かすのは、ベテラン芸能ライター。

「以前凝っていたのは、生のさつま芋から調理するもので、芋を圧力釜に入れて蒸し、柔らかくなったところでグリルに入れてじっくり焼き上げる方法。何にでもこだわりを発揮するこだわり人間だけに、そうした手作りをするヒマがない時は、スーパーで売られている焼き芋を代用するものの、やはりコンロに20分くらい弱火でかけて、皮を焦がしてからアツアツのやつをほおばる、というふうにひと手間かけるそうです。お気に入りはねっとり柔らかい紅はるか系でなく、昔ながらのガシッと割れる硬めの黄色いタイプ。トラックで販売する石焼き芋売りからも見つけたら購入するというから、本当に無類の芋好きです」

 阿部は「もともと甘いもの大好きなんです」と付け加えたのは、女性誌記者だ。

「これまでにハマったのは、ジャムとマーガリン入りのコッペパン、鯛焼き、わらび餅、栗きんとん、ふ菓子といった和スイーツからショートケーキなどの洋風スイーツ。焼リンゴ、みかんゼリー、バナナ、桃といったフルーツ系まで網羅しています。で、とにかく食べるのが早いので、焼き芋4本なんてあっという間に平らげてしまうそうですね」

 ドラマ「新参者」(TBS系)シリーズの現場でも、舞台になった街の老舗鯛焼き店の鯛焼きに目がなく、撮影期間中は、毎日3匹は欠かさずかじりついていたという。甘い顔した甘いもの好きだったのだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」