芸能

吉永小百合の「過去・現在・未来」(6)「私が死んだら」の意思表示

 彼女との交流では、こんなことも思い出される。

 結婚後のある時、私の自宅に、女優らしからぬ地味な服装でやってきた。ティータイムで熱い紅茶をゴディバのチョコレートなどのお菓子と一緒に出そうと、「ダージリンとアールグレイ、どっちがいいですか」と聞いた。小百合は「アールグレイ」と即答。さぁ淹れようと思ったら、既に私の母がダージリンを注いでしまっている。

「私が淹れるって言ったじゃない!」

 台所で母を怒鳴る私。プーッとふくれながらダージリンを持っていくと、小百合に怒られてしまった。

「ダメじゃないですか、お母さんにあんな言い方しちゃ!」

 結婚するまで親の言いなりになってきた小百合は、反発したり怒鳴ったりもろくにできなかったに違いない。そんな彼女は、面と向かって感情的に親を怒鳴る私を、どういう気持ちでたしなめたのだろう。

 小百合の私生活については、秘密主義だという声を周囲から聞くことがある。ダージリン事件とはまた別の機会に、私の自宅に遊びに来た小百合に、部屋の中にその時にはもう解散していたファンクラブの会報「さゆり」を積み上げてあるのを見せた。そして無意識にこんな言葉が口をついて出ていた。

「小百合ちゃんのこと、いつか書くのよ」

 するとひと言、

「私が死んだら‥‥」

 つまり、書いてほしくないという意思表示だったのだ。

 ところで、結婚、休養、そして復帰してからの女優・吉永小百合はどうだったのか。

 炭鉱の町を描いた作品「青春の門」(75年・東宝)では自慰シーンもあったものの、どうにもイメージがそぐわない。裸を見せたくないなら、中途半端にやらなければいいのに、と私は思うのだ。

 原作者の五木寛之は「吉永さんはなんで脱がなかったんだろうね」とコメントしたが、実はこんな説がある。濡れ場の要望が出た際、小百合は付き人にヒソヒソと相談して、

「今、乳首が荒れているからできません」

 と言ったというもの。なんとも笑ってしまいそうな「迷言」である。

 そもそも小百合が浦山桐郎監督から出演オファーを受けた際、倍賞美津子の方がグラマーでたくましい感じなので(炭鉱の女に)向いている、と断ろうと会いに行ったはず。でも監督から「そんなこと言わないで、頼むよ」と食い下がられ、出演を承諾させられた。作品を見るとやはり、ほっそりしすぎている小百合にはそぐわない役だった。

 もともと脱ぐことには積極的ではない彼女。結局は「脱皮」できなかったという事実だけが残ってしまった。

中平まみ(作家)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!