芸能

吉岡里帆が今なら二階堂ふみを“バストトップ解禁”で出し抜ける!?

 1月期の初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)での体当たり演技により、女優としての評価を上げつつある吉岡里帆。かつて水着グラビアを自己否定していたことを反省したのか、同作品ではマッパ姿やアンダーウエア姿にも果敢に挑戦し、ファンからの喝采を浴びたばかりだ。

 その吉岡が、今なら実績面ではるか上をいく二階堂ふみを出し抜くチャンスだという。しかし二階堂といえば日本アカデミー賞の新人俳優賞や、ブルーリボン賞の助演女優賞などに輝いた経歴を持つ若手のホープ。いくら吉岡の演技が評価されていようとも、今すぐ抜ける相手だとは思えないのだが…。

「もちろん演技の評価で抜くのは困難ですが、女優の評価は演技だけではありません。美しい体つきに生まれついたからには、そのすべてをいつ披露するのかも大事な決断。その点で二階堂は残念ながら評価を下げてしまいました。2月16日に公開の映画『リバーズ・エッジ』でバストトップまで公開したものの、男性ファンだけでなく女性ファンからもいい評価が聞こえてきません。もはや“脱ぎ損”とさえ評される有様です」(映画ライター)

 その理由として一部のメディアでは、バストトップの形状をあげている。なんでも輪っかが小さすぎて、魅力が感じられないというのだ。しかしずいぶんと細かいところにこだわっているような気もするのだが…。

「とんでもない。バストトップの形状がいかに重要なのかは、門脇麦がブレイクするきっかけとなった2014年の映画『愛の渦』でも明らか。胸のサイズはささやかながら、バランスのいい形状のバストトップを堂々とさらした門脇には、男性と女性の両方から大きな喝采があがりました。そして今なら、水着グラビアでも男性ファンを虜にしてきた吉岡が禁断のバストトップをさらせば、間違いなく各メディアのトップを飾るはず。その爆発力たるや、二階堂の比ではないことは確実です」(前出・映画ライター)

 かつて宮沢りえは人気絶頂の18歳で写真集「Santa Fe」を発表。155万部のメガヒットとなり、彼女の人気を不動のものとした。吉岡もその例に倣って、同世代のライバル女優たちをはるか後方に置き去りにすることができるのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?