芸能

吉岡里帆が今なら二階堂ふみを“バストトップ解禁”で出し抜ける!?

 1月期の初主演ドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)での体当たり演技により、女優としての評価を上げつつある吉岡里帆。かつて水着グラビアを自己否定していたことを反省したのか、同作品ではマッパ姿やアンダーウエア姿にも果敢に挑戦し、ファンからの喝采を浴びたばかりだ。

 その吉岡が、今なら実績面ではるか上をいく二階堂ふみを出し抜くチャンスだという。しかし二階堂といえば日本アカデミー賞の新人俳優賞や、ブルーリボン賞の助演女優賞などに輝いた経歴を持つ若手のホープ。いくら吉岡の演技が評価されていようとも、今すぐ抜ける相手だとは思えないのだが…。

「もちろん演技の評価で抜くのは困難ですが、女優の評価は演技だけではありません。美しい体つきに生まれついたからには、そのすべてをいつ披露するのかも大事な決断。その点で二階堂は残念ながら評価を下げてしまいました。2月16日に公開の映画『リバーズ・エッジ』でバストトップまで公開したものの、男性ファンだけでなく女性ファンからもいい評価が聞こえてきません。もはや“脱ぎ損”とさえ評される有様です」(映画ライター)

 その理由として一部のメディアでは、バストトップの形状をあげている。なんでも輪っかが小さすぎて、魅力が感じられないというのだ。しかしずいぶんと細かいところにこだわっているような気もするのだが…。

「とんでもない。バストトップの形状がいかに重要なのかは、門脇麦がブレイクするきっかけとなった2014年の映画『愛の渦』でも明らか。胸のサイズはささやかながら、バランスのいい形状のバストトップを堂々とさらした門脇には、男性と女性の両方から大きな喝采があがりました。そして今なら、水着グラビアでも男性ファンを虜にしてきた吉岡が禁断のバストトップをさらせば、間違いなく各メディアのトップを飾るはず。その爆発力たるや、二階堂の比ではないことは確実です」(前出・映画ライター)

 かつて宮沢りえは人気絶頂の18歳で写真集「Santa Fe」を発表。155万部のメガヒットとなり、彼女の人気を不動のものとした。吉岡もその例に倣って、同世代のライバル女優たちをはるか後方に置き去りにすることができるのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?