芸能

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(3)吉岡里帆が「第二の綾瀬」に

 さて、今年に入り連ドラ初主演など、現在ブレイク中の吉岡里帆(25)にも、「綾瀬化」が懸念されている。

「グラドル時代は抜群のプロポーションで人気を集めていましたが、男性誌のインタビューで、水着グラビアの仕事のオファーを受けた際に気持ちが乗らず、号泣したことを明かして波紋を広げました。反響の大きさから、そのあとの週刊誌のインタビューで『今思うと感謝している』とフォローしましたが、女優業が軌道に乗っている今後は“黒歴史”として封印する可能性は高いですね」(テレビ誌編集者)

 吉岡以上に過激なヌードでブレイクした壇蜜(37)の脱ぎ仕事も、今後は見られなくなる可能性が高い。

「壇蜜さんといえば、体のラインを意識して公私ともにノーパンで過ごしたり、パイパンにするなど、グラビアにかける高い情熱でファンの支持を集めていました。ただ最近はCMの仕事がバンバン入ってきていて、文化人タレントに転身しつつあります。下ネタはもちろん、過去の過激なエピソードも封印するかもしれませんね」(スポーツ紙デスク)

 かつての“エッチなお姉さん”の肩書はどこに消えたのか!?

 若手女優の中でも、勝ち気なクールビューティー路線で同性からも人気を集めている「Wエリカ様」こと沢尻エリカ(32)と戸田恵梨香(29)には意外な共通点があった。

「2人とも実は大のお笑い好きで、沢尻さんは当時、親友だったグラドルの福愛美さんとお笑いコンビ『あみ⇒ご』を、戸田さんは中学生時代の同級生と『エビマヨ』を、それぞれ結成していました。しかし、今の女優としてのイメージに鑑み、この話はタブーとなっています」(前出・スポーツ紙デスク)

 女優以上にカリスマ的なイメージを大事にする歌姫2人には、こんな書き換えられたエピソードも。

「引退を発表して話題の安室奈美恵(40)は下積み時代はベッキーらと『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)に出演し、カラオケを披露していました。浜崎あゆみ(39)も歌手として大ブレイクする前に『浜崎くるみ』名義で女優活動を行っていましたね。当然、カリスマとなった今の2人にとっては封印したい経歴で、本人の口から当時のことが語られることはないでしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 人に歴史あり。とはいえ芸能界で歴史が書き換えられるのは珍しくないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」