芸能

「プロフィール書き換え」芸能美女の“マル秘”過去<黒塗り経歴>(3)吉岡里帆が「第二の綾瀬」に

 さて、今年に入り連ドラ初主演など、現在ブレイク中の吉岡里帆(25)にも、「綾瀬化」が懸念されている。

「グラドル時代は抜群のプロポーションで人気を集めていましたが、男性誌のインタビューで、水着グラビアの仕事のオファーを受けた際に気持ちが乗らず、号泣したことを明かして波紋を広げました。反響の大きさから、そのあとの週刊誌のインタビューで『今思うと感謝している』とフォローしましたが、女優業が軌道に乗っている今後は“黒歴史”として封印する可能性は高いですね」(テレビ誌編集者)

 吉岡以上に過激なヌードでブレイクした壇蜜(37)の脱ぎ仕事も、今後は見られなくなる可能性が高い。

「壇蜜さんといえば、体のラインを意識して公私ともにノーパンで過ごしたり、パイパンにするなど、グラビアにかける高い情熱でファンの支持を集めていました。ただ最近はCMの仕事がバンバン入ってきていて、文化人タレントに転身しつつあります。下ネタはもちろん、過去の過激なエピソードも封印するかもしれませんね」(スポーツ紙デスク)

 かつての“エッチなお姉さん”の肩書はどこに消えたのか!?

 若手女優の中でも、勝ち気なクールビューティー路線で同性からも人気を集めている「Wエリカ様」こと沢尻エリカ(32)と戸田恵梨香(29)には意外な共通点があった。

「2人とも実は大のお笑い好きで、沢尻さんは当時、親友だったグラドルの福愛美さんとお笑いコンビ『あみ⇒ご』を、戸田さんは中学生時代の同級生と『エビマヨ』を、それぞれ結成していました。しかし、今の女優としてのイメージに鑑み、この話はタブーとなっています」(前出・スポーツ紙デスク)

 女優以上にカリスマ的なイメージを大事にする歌姫2人には、こんな書き換えられたエピソードも。

「引退を発表して話題の安室奈美恵(40)は下積み時代はベッキーらと『THE夜もヒッパレ』(日本テレビ系)に出演し、カラオケを披露していました。浜崎あゆみ(39)も歌手として大ブレイクする前に『浜崎くるみ』名義で女優活動を行っていましたね。当然、カリスマとなった今の2人にとっては封印したい経歴で、本人の口から当時のことが語られることはないでしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 人に歴史あり。とはいえ芸能界で歴史が書き換えられるのは珍しくないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?