芸能

クロちゃん、余命宣告も今後も絶対に暴飲暴食が続くと予想される理由

 あまりインパクトがない数字だけに、ノーダメージか?

 2型糖尿病と診断されていた安田大サーカス・クロちゃんが、医療バラエティ番組「名医のTHE太鼓判!」に出演。ついに余命を宣告されるまでの事態となったのは去る4月23日放送回でのことだった。

 クロちゃんは同番組1月放送回で糖尿病であることに加え、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も合わせて発症していることが発覚。血糖値も即入院レベルとあって、生活習慣を見直すように医師からの注意も受け、教育入院も経験していたが、その後、それを無視して暴飲暴食を続けていたことが明らかとなっている。そんなクロちゃんに危機感を持たせるために、余命宣告はうってつけの機会となるわけだが、クロちゃんに宣告された余命は「24年」という何ともリアクションが取りづらい数字だった。クロちゃんは現在41歳のため、その宣告通りであれば65歳までは生きられることになる。そのため、クロちゃんも「ほらぁ、全然食べていいじゃん!」と、浮かれていた。

 これに番組医師団はこの余命はあくまで教育入院の教えを守った場合で、それを無視した時には突然死の危険性もあると釘を刺していたが、クロちゃんは再三の注意を受け、教育入院を経てもまったく食生活が改善されていないこともあって、視聴者からは「24年ならクロちゃんでなくても、危機感持たないだろうな」「これ、クロちゃんにノーダメージだろ」「またいつもの生活に完全に戻るんだろうな」「医師団はもうクロちゃんを見捨てた方がいい」「むしろ、この余命宣告のせいでさらに暴飲暴食が進みそう」など、この余命宣告はクロちゃんに全然響いていないと分析する声が多く見られていた。

「教育入院もクロちゃんが危機感を感じて自主的にしていたわけでなく、番組の企画で行っていたものですから残念。そこで2型糖尿病の恐ろしさを学んだはずですが、医師は余命宣告であえて余命を短めに伝えると知られている中での余命24年ですから、クロちゃんも危機感を持たないでしょうね。共演者の嶋大輔は余命16年、内山信二にいたっては6年と、クロちゃんよりも短い余命を宣告されていましたから、なおさらでしょう」(エンタメ誌ライター)

 そもそも、ギャンブルに女遊びと、欲の塊で今を楽しむことに執着しているクロちゃんだけに、本人からすれば65歳まで生きられれば十分というところもあるのかも?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々