芸能

春ドラマヒロイン10人の乱高下フェロモン(3)エスカレートする吉高由里子のイタズラ

 今や“視聴率女王”との呼び声も高い吉高由里子(29)の主演作が「正義のセ」(日本テレビ系)。ドラマでは新米検事を演じているが、舞台裏では“女王の貫禄”を見せている。日本テレビ関係者が明かす。

「吉高のイタズラがエスカレートする一方なんですよ。昔から彼女のイタズラ好きは有名で、収録現場で共演者やスタッフにいきなりハグしたり、“膝カックン”したりは当たり前なんですが、今作では、はるかにレベルアップしたイタズラを仕掛けていますね」

 気になるのは悪ふざけの内容だが‥‥。

「急に首を絞める、腕をキメるといったハードなイタズラです。共演者では安田顕がお気に入りのターゲットになっていて、常に首を絞める機会を狙われているんです。ただ、スタッフからは案外好評で、『自分も首を絞められたい』といった“志願者”が急増しています。彼女のイタズラで場のムードが和んでいるのは間違いないですね」(日テレ関係者)

 好調ドラマの余裕が伝わってくるが、一方でこんな不安要素を抱えていた。

「初回視聴率11%の滑り出しは決して悪くありませんが、実はネットでの公式動画配信サービスでの視聴数は想定していたより低いと聞きました。今後、ドラマの展開でマンネリ感が顕著になれば数字がガタ落ちする可能性も大いにありますよ」(日テレ関係者)

 同じく日テレ系で放送されているのが菜々緒(29)のゴールデンタイム初主演作「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」。冷酷非情なキャラクターがハマリ役だと評判なのだが、撮影現場でも“悪魔”さながらのふるまいが目撃されていた。

「共演者の誰かがNGを出すと、ムスッと仏頂面になって現場の空気が凍りつくんです。役柄が憑依しているんですよ」

 と明かすのは芸能関係者だ。収録では女王様キャラをネタにすることもあるようで、何かハプニングが起きるたびに、「お仕置きだな」と言って現場を和ませているという。

 ドS本性を剥き出しにして撮影に臨む菜々緒だが、男性スタッフのウケは抜群のようで、

「毎回、ミニスカートでの回し蹴りシーンが見どころとなっていますが、実はあの衣装は、より強烈なキックが繰り出せるように、彼女の要求で丈を短くしてあるんです。おかげで現場ではパンチラを連発。しかもパンティは自前だそうで、アクションの撮影の時だけ男性スタッフの数が増えるという珍現象が起きています」(芸能関係者)

 男性スタッフには“セクシーエンジェル”のようで‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人