芸能

春ドラマヒロイン10人の乱高下フェロモン(3)エスカレートする吉高由里子のイタズラ

 今や“視聴率女王”との呼び声も高い吉高由里子(29)の主演作が「正義のセ」(日本テレビ系)。ドラマでは新米検事を演じているが、舞台裏では“女王の貫禄”を見せている。日本テレビ関係者が明かす。

「吉高のイタズラがエスカレートする一方なんですよ。昔から彼女のイタズラ好きは有名で、収録現場で共演者やスタッフにいきなりハグしたり、“膝カックン”したりは当たり前なんですが、今作では、はるかにレベルアップしたイタズラを仕掛けていますね」

 気になるのは悪ふざけの内容だが‥‥。

「急に首を絞める、腕をキメるといったハードなイタズラです。共演者では安田顕がお気に入りのターゲットになっていて、常に首を絞める機会を狙われているんです。ただ、スタッフからは案外好評で、『自分も首を絞められたい』といった“志願者”が急増しています。彼女のイタズラで場のムードが和んでいるのは間違いないですね」(日テレ関係者)

 好調ドラマの余裕が伝わってくるが、一方でこんな不安要素を抱えていた。

「初回視聴率11%の滑り出しは決して悪くありませんが、実はネットでの公式動画配信サービスでの視聴数は想定していたより低いと聞きました。今後、ドラマの展開でマンネリ感が顕著になれば数字がガタ落ちする可能性も大いにありますよ」(日テレ関係者)

 同じく日テレ系で放送されているのが菜々緒(29)のゴールデンタイム初主演作「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」。冷酷非情なキャラクターがハマリ役だと評判なのだが、撮影現場でも“悪魔”さながらのふるまいが目撃されていた。

「共演者の誰かがNGを出すと、ムスッと仏頂面になって現場の空気が凍りつくんです。役柄が憑依しているんですよ」

 と明かすのは芸能関係者だ。収録では女王様キャラをネタにすることもあるようで、何かハプニングが起きるたびに、「お仕置きだな」と言って現場を和ませているという。

 ドS本性を剥き出しにして撮影に臨む菜々緒だが、男性スタッフのウケは抜群のようで、

「毎回、ミニスカートでの回し蹴りシーンが見どころとなっていますが、実はあの衣装は、より強烈なキックが繰り出せるように、彼女の要求で丈を短くしてあるんです。おかげで現場ではパンチラを連発。しかもパンティは自前だそうで、アクションの撮影の時だけ男性スタッフの数が増えるという珍現象が起きています」(芸能関係者)

 男性スタッフには“セクシーエンジェル”のようで‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!
5
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?