芸能

四十路女優5人の「最新艶技」を徹底分析!(2)吉田羊が魅せた“キス変化”

 続いて、こちらも公開中の映画「ラブ×ドック」(アスミック・エース)に主演しているのが吉田羊(44)だ。

 ストーリーはアラフォーパティシエ役の吉田が年上上司、イケメンインストラクター、年下男の3人相手にキス変化を見せてくれる。

「12日の映画舞台挨拶では、記者から“理想のキス”について質問されると、『髪形を変えた時にかわいいじゃん、と言われてチュって。唇とか頬とかオーソドックスでないところにされるとパーツ全てを愛してくれている感じになれるかな』と赤裸々に語っていた。この艶っぽいコメントに客席は沸いていましたね」(芸能デスク)

 映画では普通じゃないキスが飛び出す。最初の相手は上司役の吉田鋼太郎(59)との不倫キスだ。妻子ありの上司は新店舗の店長の座をチラつかせて羊を甘味たっぷりのスイーツ攻め。

「俺がキスしたいのはここ」

 羊のほっぺに生クリームをつけるとチュッと舐め上げる。上司のジラシ作戦にジレッタイ思いの羊は、「ズルイ」と反対に男の唇にクリームをポチャっとつけ、それを舐め取るようにお返しキス。ディープキスで最後まで生クリームをしっかり舐め尽くすのはパティシエならでは。

 続いては友人のお気に入りスポーツインストラクター、玉木宏(38)との略奪愛。ハシゴ酒をしたまではよかったが、まさかのギックリ腰で緊急事態に。自宅にインストラクターを招き入れラブマッサージ。無防備な姿で施術を受ける羊を抱き上げると、顔を向き合わせお互いの唇の間にピンポン玉を乗せると、

「この球、打ち返していい?」

 ポンっと指で玉を弾くと卓球キスが完成。うっとり恍惚顔で唇にむさぼりつくのだ。

 最後は、15歳年下の部下のパティシエと恋仲に。水槽の金魚を眺めながら濃厚すぎるキスである。

「いずれもカメラは横からのショットで、吉田の高貴な美鼻が堪能できます。キスしたあとはみずから相手の唇を積極的に攻め、オトナのキスを思わせます」(織田氏)

 羊のキスは意外にも果敢な動物本能型か!?

 テレビドラマながらR指定映画のような激しい展開を見せているのが「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」(フジテレビ系)だ。日本では「巌窟王」として知られるフランス古典文学を現代版にした復讐劇である。主人公のディーン・フジオカ(37)はみずからを獄中に陥れた宿敵を次々に制裁していく。最初にターゲットになるのが、野心的な不動産会社社長の妻、稲森いずみ(46)だ。ドラマウオッチャーが解説する。

「銀座ホステス時代に愛人だった政治家のツテで結婚した稲森は、夫からは権力とのコネをつなぐだけの道具としか見られていない。当然、夜は夫から相手にされない寂しい身持ちを若い男相手に晴らしていく」

 第5話では、夜中にベッドを抜け出すと、下着にガウンだけを羽織って外出。訪ねたマンションには、2人の若い男が待ち受けていた。

 暗い部屋の中、衣服を脱いだ2人の若者がベッドに横たわる稲森に覆いかぶさり背徳の人妻3Pショーが始まる。

 チュバチュバ、一人の男が稲森の首筋に吸いつくと黒キャミソールの細い肩を抱き寄せられる。もう一人は稲森の足元で足首を舐め上げる。臨戦態勢となったところで、パンティがズルっと剥ぎ取られた。

 最後には、死別したと思っていた実の息子と、そうとは知らぬまま肌を合わせることに‥‥。ベッドの上でキスを交わしブラジャーを外されると、白い背中があらわに。首筋にキス、手を握り、正常位ピストンで歓喜に震える‥‥。華麗どころか、ドロドロすぎる濡れ場が続いていく。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」