芸能

高橋みなみ、結婚寸前でもファンクラブ旅行を開催!その「比類なき魅力」とは?

 ファンが抱くのは「恋愛感情」ではなく、「尊敬の念」? 従来の女性アイドルとは少し違った位置づけにあるようだ。

 元AKB48メンバーで、グループをまとめる「総監督」だった高橋みなみが6月29日に2泊3日のファンクラブ旅行を実施する。今回で3回目となるファンクラブ旅行となるが、そのコンセプトは「みなみと行く林間学校」で、行き先は山梨県の西湖だ。参加者は高橋とキャンプファイヤーやディナーパーティーを楽しみ、高橋との写真撮影(グループショット)、参加者限定のグッズのプレゼントなどといった特典が付く。

 ただ、注目されているのは旅行代金。バスの移動時間を除くと、実質1日半というボリュームの内容だが、新宿からの往復バス料金を含めて10万6380円。ホテルへの現地集合であれば8万4000円と、なかなか強気な料金を設定している。

「まず新宿からのバスの往復料金は普通であれば、往復で4000円もかからない程度ですから、そこが2万円に設定されている時点で割高感はありますよね。また、1名一室利用の場合で同じような日程の旅行プランを探してみると、3万5000円のものが確認できていますから、実質、高橋の付加価値は単純計算で約7万円と設定しているようです。それを高いか安いかを判断するのはファン次第ですが、高橋の場合は、交際中の恋人と来年結婚する予定とも報じられていますから、そのあたりも考えると一般的に考えれば、アイドルファンであれば手を出しづらい金額かもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 ただし、高橋のファンからは「普通に行きます」「今回も楽しみにしています」などといった声が上がるなど、当然のように参加予定であることを表明するファンが多い。

「高橋の熱愛はグループ卒業後からわずか1カ月で報じられ、それから約1カ月後に初めてのファンクラブ旅行を行っていますが、ファンクラブ旅行に参加したファンはその内容には大いに満足していたようです。中には、『神イベント』という声も上がるほどですから、高橋の熱愛発覚については外野がああだこうだ言っているだけで、当のファンたちはそれほどダメージを受けていないようです。それは高橋がAKB時代から真心込めてファンと向き合って接していたからでしょう。アイドルに恋愛感情を抱く“ガチ恋”と呼ばれるファンも増えていますが、高橋の場合はその真逆。グループをまとめるリーダーシップ、選抜総選挙で光ったスピーチ力など、見本となる部分も多い。そんな高橋のファンは今回のファン旅行の料金についても、高橋が仮に恋愛中であっても、妥当な金額だとみているようですね」(前出・エンタメ誌ライター)

 特に女性アイドルは結婚してから人気が急落してしまうものだが、内面的な魅力で惹きつける高橋の場合は他のアイドルよりも固定のファンが離れづらいのは間違いないだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」