芸能

品川祐がテレビから干されたのは「制作予算の削減」が原因だった!?

 まさに因果応報だ。お笑いコンビ・品川庄司の品川祐がテレビ番組から干されているのは、かつて制作スタッフにひどい仕打ちを重ねていたからだという。5月19日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)にゲスト出演したインパルスの板倉俊之は、収録前の打ち合わせにて「『品川さんと一生仕事したくない』っていう人までいました」と明かしたのである。

「1995年結成の品川庄司は2000年代初期に若手ながら一気にブレイク。その時期の品川はすっかり天狗になっており、番組スタッフに挨拶をせずに無視し、打ち合わせでは台本も開かず、マネージャーや後輩芸人に暴言を吐くなど、素行の悪さで知られていました。制作スタッフの中で最も格下に当たるAD(アシスタントディレクター)に対しての当たりの強さは相当なもので、彼らが『一生仕事したくない』と語るのもある意味当然でしょう」(番組制作会社スタッフ)

 その後、経験を積んだADたちがディレクターに昇進し、番組制作を任されるようになると、品川離れが一気に加速。品川本人も昨年10月放送の「良かれと思って!」(フジテレビ系)では「15年前にうっすらと気づき、10年前にだいぶ嫌われてると思って、5年前に絶対嫌われているとわかった」と語っていた。

 ただ、現在のように品川がテレビから干されるようになった背景には、テレビ局の制作予算削減も影響しているという。とはいえ40代後半のベテラン芸人にしては品川のギャラが特別高いようにも思えないが…。前出の番組制作会社スタッフがささやく。

「番組制作の現場ではかつてテレビ局の社員が大勢関わっており、若手社員もADを務めてから出世していったもの。そのころは品川のようなトガりまくった芸人でも、さすがにテレビ局の社員ADにまで悪態をつくようなバカなマネはしなかったはずです。ところがテレビ局の業績が悪くなると、制作予算削減のために番組制作を外部の制作会社に丸投げし、社員たちは版権の管理やイベントの制作といった番組制作以外の部署に数多く配属されるようになりました。そして現在では現場のディレクターやプロデューサーも外部の制作会社スタッフが担っているケースが多く、品川にイジメられていたADたちがそのポジションに昇進しています。そのため現場では『品川がいかにひどいヤツだったか』が共有される形になっており、番組からお声が掛からなくなったというわけです」

 最近はすっかり丸くなったという品川。はたして番組中で板倉が指摘していたように「62歳でブレイクする!」は実現するのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
杉浦友紀よりデカい!?あのNHK美女アナが魅せる「あさイチ」バストのド迫力!
2
本田翼のバストが透けてる?“新CM動画を一時停止”するファンが続出したワケ
3
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
4
菜々緒&仲里依紗、地上波カットされた「スカートの中モロ見え映像」の視聴方法
5
YOSHIKI“芸能界ケンカ最強”でも「大ビビリ」した意外なモノとは