スポーツ

新馬戦スタート「2018年この新種牡馬を狙え!」(2)大胆な配合が功を奏する!?

 ベルシャザール産駒の注目馬は、美浦・大竹厩舎のアルチェーレ(牝)。今年のマーチSを勝ったセンチュリオンの半妹で、注目度は高い。4月12日の産地馬体検査でも、その馬体のよさはひときわ目立っていた。入厩は秋になるようだが、出走してきた際には目が離せない一頭だ。

 続く要注目馬が栗東・松田国英厩舎のオリーブジュエルの16(牡)。母父がディープインパクトなので、サンデーサイレンスの3×3のクロスが生じる。

「この大胆な配合が功を奏するかどうかは走ってみないとわかりませんが、生産した社台ファーム関係者は『体重が増えるのに比例して、動きもグングンよくなってきている』と話していますね。入厩は少し先になるようですが、出走してきたら注意したい。芝、ダートともに走りそうですが、手堅く狙うのならダートを使ってきた時でしょう」(競馬ライター)

 内国産では、非サンデーサイレンス系の貴重な種牡馬、トーセンジョーダンも気になるところ。

 天皇賞・秋をレコードで制したように、スピードとスタミナを兼備しているのが魅力だ。しかも、春の天皇賞でも2着するなど、長距離適性も備えている。先にデビューした半弟のトーセンホマレボシも初年度産駒から重賞ウィナーを出しており、種牡馬として成功する条件はそろっている。産駒の登録頭数は74頭と決して多くはないが、期待していいのではないか。トレセン関係者が言う。

「その期待値は、初年度にノーザンファームが12頭(全てサンデー系牝馬)の種付けをしたことでも証明できます。注目馬はその12頭のうちの一頭、栗東・池添厩舎のバンクショット(牡)ですね。母バプティスタは重賞勝ち馬こそ出していませんが、イースター、デウスウルトなど、重賞入着馬は多数。そう考えると、一定レベル以上の活躍馬が出る可能性は高い。今はじっくりと鍛え上げているところで、秋以降のデビューとなる予定です。産駒は父に欠けていた切れ味がアップするかどうかがカギとなるでしょう」

 ノーザンが切れ味に定評のあるサンデー牝馬を徹底して付けたのも、そこに狙いがあったからだ。

 朝日杯FS、NHKマイルCと2つのGIを制した名マイラー、グランプリボスも注目の一頭だ。父サクラバクシンオーはスプリンターズS連覇など、短距離重賞を5勝した歴史的なスプリンター。種牡馬としても優秀で、高松宮記念を勝ったショウナンカンプやビッグアーサーを輩出している。グランプリボスはその後継馬として期待され、初年度からサクラバクシンオー産駒としては過去最高となる123頭の牝馬に種付けされたほどだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃