スポーツ

悪質タックル問題で注目される「日大危機管理学部は官僚の天下り先」裏事情!

 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、複雑な内部事情も見えてきた──。

 5月29日に開かれた関東学生アメリカンフットボール連盟の臨時総会で、タックルを指示したとされる内田正人前監督と井上奨前コーチは除名処分とすることが決められた。その内田氏と井上氏は5月23日に前日のタックルをした選手の会見を受ける形で釈明会見を開いたが、「『潰してこい』の言葉の解釈が乖離していた」なる説明は、むしろ反感を増大させた。そして、5月25日の日大・大塚吉兵衛学長が緊急会見も遅きに失した感は否めなかったが、

「日大は他校に先駆け、危機管理学部を2016年4月から設けました。危機管理の専門教諭がいるのに、日大は会見を開くたびに、まったく危機管理できていない姿を露呈して、信用を失っています」(テレビ局スタッフ)

 その危機管理学部だが、実は、「官僚の天下り先」と言われても仕方のないような教諭構成になっていた。まず、10人の教授がいて、うち6人が東大卒というエリート。学部長の教授は日大卒だが、あとは警察庁、法務省、防衛省、国土交通省のOBばかり。パッと見ただけでも、山梨、熊本、埼玉で県警本部長を務めた金本泰介氏、元埼玉県警本部長・茂田忠良氏、元入国管理局長・高宅茂氏、元東北公安調査局長・安部川元伸氏らがいて、まさに、「霞が関、桜田門に太いパイプを持つ学部」だ。この官僚ルートに高を括って、悪質タックルの問題を軽視したとは思いたくないが…。

「危機管理学部を立ち上げるにあたって、水面下で動いていたのが田中英寿理事長でした。内田前監督の上司です」(関係者)

 田中理事長はかつて、学生横綱などアマチュアタイトルを総ナメにした猛者で、大翔鳳、舞の海らを育てた同大学相撲部の元監督でもある。スポーツ出身の異例の理事長であり、味方も多い反面、敵も少なくないそうだ。そんな理事長ではなく、学術畑出身の大塚学長が緊急会見を開いたということは、学内クーデターの幕開けも意味していたのかもしれない。

 エリート教授たちがそろった危機管理学部は、後手にまわった今回の不手際を“生きた教材”とすべきだろう。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃