エンタメ

くまモンのイスを引くイタズラに「下半身不随になりかねない」と強烈批判!

 熊本県のPRキャラクター「くまモン」が、放送事故級のイタズラをしでかしたことが波紋を広げている。コトの発端は4月5日放送の情報番組「英太郎のかたらんね」(テレビ熊本)にて、座ろうとしたタレントのイスを引いて転倒させたもの。

 この日はタレントの太田弘樹とともに熊本県阿蘇村にある道の駅を訪ね、名物の「とんこつそば」をレポート。ここで太田がとんこつそばの器をトレーに載せ、屋外スペースで腰掛けようとしたところ、おもむろにくまモンがイスを引き、太田は真後ろに転倒したのである。しかもアツアツのそばをもろに浴びる形になり、太田は悲鳴を上げながら、のたうち回ったのだ。

「5月末からそのシーンがネットに出回るようになりました。この番組は生放送だったのですが、しりもちをついた場面からは転倒した太田を写さず、おろおろするくまモンにクローズアップ。おそらくそばをもろに浴びた太田の痛々しい姿がシャレにならず、現場カメラマンのとっさの判断で被写体をくまモンに変えたのでしょう。幸いだったのは20秒ほどで太田が立ち上がったこと。もし転倒したままだったら、大きな事故になっていたに違いありません」(テレビ誌ライター)

 このシーンには視聴者からも「放送事故だろう」「たちの悪いイタズラ」との批判が多数寄せられている。中でも重要な指摘が「下半身不随になりかねない重篤な事故もありえた」というものだ。スポーツライターが指摘する。

「不意にイスを引かれて転倒した場合、脊髄を痛めて下半身が不自由になるケースも決して珍しくありません。2020年には東京でパラリンピックが開催されますが、車いすバスケやウィルチェアーラグビー、水泳の『身体の機能に関する障害』種目などに参加する選手には、この椅子引きのイタズラで障害を負った人もいるのです。ともかくケガをする可能性があるイタズラはどんな結果を招くのかわからないので、時と場所を限らず、相手が誰であっても、絶対にするべきではないでしょう」

 くまモンの性格は「やんちゃで好奇心いっぱい」だが、そのやんちゃ心を今後は少し抑えたほうが良さそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”