芸能

初めての性の体験はいつ? 最上もが、ファーストキス語るも疑問の声続々!

 謎が多い人物なだけにイマイチ信じてもらえず…

 でんぱ組.incの元メンバーで、現在はタレントとして活動している最上もがが、6月2日放送のバラエティ番組「有吉ジャポン」(TBS系)に出演。自身のファーストキスの思い出について語っている。

 この日は渋谷を中心に活動するギャル集団“渋谷サー人”を特集したが、それにちなんだエピソードとして、最上は「高校の時に髪の毛が結構長くて、日サロに行っていて、付け爪とかしている女の子の友達がいました」と説明し、「しかも、ファーストキスがその子だったんですよ」と、女友達がファーストキスの相手だったことを大胆告白している。

 しかし、最上は「事故なんですけど…」と補足しており、何でも、そのギャル風な友人に名前を呼ばれ、振り返った時に偶然キスをしてしまったのだとか。

 とはいえ、今回の告白で、最上の異性との本気のファーストキスは高校生以降であることはわかったが、ネット上では「この人言ってることは信じられないな」「本当は中学で一通り終えてそう」「男性とはキスもしたことないの?」「ところで性の体験の経験がないって本当かい」など、最上の告白に疑いの目を向ける声が見受けられている。

「最上は昨年10月に放送されたバラエティ番組で男性との交際経験がないことをカミングアウトしていました。というのも、最上は付き合ったところで相手にウソをつかれたり、裏切られたりすることが目に見えているといい、ならばいっそ付き合わない方がいいという判断とのこと。また、異性からも告白された経験がないことも明かしていましたから、男性とのキス経験がないにしても自然なことでしょう。しかし、その番組のオンエアを見たある女性有名人が、最上に何か恨みがあるのか、なぜかツイッターで反応し、『もがちゃんは男と付き合ったことが無いは嘘じゃないかもしれないですが、男とやったことはあると聞いています』『やった男の人の嫁が言ってました 男と付き合ったことが無いバイ設定なんですかね』と、最上が男性経験があるという情報を流して、注目を集めました。そのため、どちらの言い分も本当であれば、男性と交際はしていないものの、性経験はあるということになりますから、その恋愛事情については世間も気になるところのようですね」(エンタメ誌ライター)

 とりあえずは男性とのキス経験があるのかについて告白してほしいものだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ