芸能

「夏休みを前倒ししただけ?」NEWS小山慶一郎、20日間で活動再開に批判殺到!

 予想以上の速さでのスピード復帰だけに、これでは実質謹慎を受けていないようなもの?

 未成年との飲酒報道を受けて活動自粛していたNEWS・小山慶一郎が6月27日から芸能活動を再開させることが、26日、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表。同サイトでは〈本人からはこれまでの行動に関する真摯な反省に加え、今後についての具体的な改善策や強い決意も伝えられるに至っており、当事務所としましては皆様から頂戴した様々なご意見も踏まえつつ、2018年6月27日より小山の芸能活動を再開させていただくことと致しましした〉と報告された。

 小山は6月7日発売の「週刊文春」に今回の騒動を報じられると、同日にレギュラー出演する報道番組「news every.」(日本テレビ系)で、飲酒を促したことを認めて謝罪し、当面の活動を自粛するとしていたが、そこからわずか20日での復帰劇となる。

「一部メディアが6月末での小山復帰を前々から報じていましたが、反省の意を伝える活動自粛にしてはあまりに早すぎる復帰ということもあり、世間の大半もガセネタだととらえていたようですから、本当に小山が超スピード復帰を果たしたことには驚きの声が上がっています。また、『news every.』の出演については引き続き差し控えるということですから、やはり27日には日テレ系『FIFAワールドカップロシア2018』のテーマソングになっているシングル『BLUE』がリリースされるために、それに照準を合わせて復帰したということでしょう。サッカー日本代表の快進撃もあって、この盛り上がりにどうしても乗っておきたいところでしょうからね。ただ、アイドル活動はOKで、報道番組は引き続き出演自粛というのは当たり前のようにも思えてしまいますが、それではアイドル活動は生半可な気持ちでしていいものとも受け取れてしまいますから非常に残念。若い女性にアイドルとは思えない一気飲みコールをしている時点でファンを裏切っているようなもの。結局は事務所の都合での復帰にしか思えませんね」(エンタメ誌ライター)

 当然、ネット上では「え、さすがに復帰早すぎるだろ」「20日って…単にちょっと早い夏休みとってただけじゃん」「まだガリガリガリクソンの復帰のほうが納得できるわ」など、小山の超スピード復帰には疑問の声が上がっている。

「表向きの顔はキャスターも務める優等生ですが、プライベートは荒れに荒れているという話はこれまでもあって、今回の騒動でやっとその裏の顔が暴かれた形です。そこからしっかり反省してくれればいいのですが、やはり今回のような激甘対応だと大抵のことは所属事務所が守ってくれると小山の立場だとどうしても思ってしまうはず。そう考えると、小山の“更生”の機会を事務所が潰してしまっているともいえるでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 これでは小山はもちろん、同じく未成年との飲酒が報じられるもスルーを貫く手越祐也がさらなるトラブルを起こしてしまうのも時間の問題か?

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか