芸能

一度は拝みたい「新・隠れ豊満バスト」イレブン~2018夏~(1)細身の山本美月がインスタグラムで…

 ロシアW杯で激闘が繰り広げられる中、日本国内に目を向けると、絶対に揉み消せない膨らみが──。「梅雨明け」の到来とともに、今まで雲間に潜んでいた豊満バストがクッキリお目見え!! 芸能界、スポーツ界、さらには学界をも巻き込んで、隠れ豊満バストの代表メンバーをガチ選考。新生パフパフJAPAN、ここに誕生!

 まずは、アイドル・女優の胸元からチェック!

 モデル出身ながら、現在では女優業が板についてきたのが山本美月(26)だ。

 芸能デスクが語る。

「面長タレ目の圧倒的なビジュアル力とお嬢様女子大生のようなロングヘアを武器に、ドラマ・映画に大活躍です。これまで『ドクターX』(テレビ朝日系)での看護師、『64(ロクヨン)』(NHK)での婦警など、制服好きおっさんキラー女優として抜群の人気を誇っています」

 とはいえ、今のところカラミやヌードは皆無。肌露出が際立って少ないのも特徴だ。

 そんな濡れ場処女の山本が意外な突破力を発揮したのが、ヒロイン役を務めた「モンテ・クリスト伯」(フジテレビ系)の番宣でインスタグラムにアップした1本の動画だ。

 純白ブラウスにロングスカートという清楚な衣装の山本はクルリと1回転してから両手を上に広げ、

「モンクリに決まりました」

 と、一声上げてから、ペコリとお辞儀ポーズ。かがんだ瞬間、純白ブラウスを突き破らんばかりに胸元がゆさゆさ乳揺れするのだ。

 芸能評論家の織田祐二氏も目を細める。

「ムム、これはかなり震度が高い。彼女のモデル時代の公称バストサイズは、77センチ。数値的には巨乳の部類に入りませんが、細身のウエスト特有のクビレ乳の典型で、推定Eカップは保証します」

 ウエストとのギャップを感じながら、モンテみたい度マックス!

 こちらもアイドルから女優へと脱皮中なのが、橋本環奈(19)だ。

「博多の地方アイドル時代は、その天使のような愛らしさから『千年に一度の美少女』と呼ばれましたが、昨年の高校卒業を機に上京し、女優業を本格化させている。デビュー当時は小鹿のように華奢な中学生でしたが、身長はそのままに、胸の膨らみは推定Fカップにまで急成長を遂げました」(芸能デスクデスク)

 美顔のみならず、肉体美まで身につけたとなれば、女優にとってはまたとないアドバンテージとなるハズ。民放局ドラマ関係者が明かす。

「共演する若手俳優は『スゴイ! 千年に一度の巨乳だ』と大はしゃぎしていますよ。ただ環奈ちゃん本人は、あまり免疫がないのか、自分の胸に関してはまったくの無防備なんです。地方ロケでは移動のバスの中でパパッとナマ着替えするので、周囲のスタッフは目のやり場に困ってしまう」

 ヤリ場のない思いは車内で揉みたい度ハッスル!

 とかく売れっ子の妹・すず(20)と比較されがちな姉・広瀬アリス(23)の場合はどうか。

「すずちゃんはいまだ衣装に関しては極力、肌見せが少ないものを選ぶなど、お色気は封印している。一方で、姉のほうは下着CMなどお色気路線が解禁されています。実は映画では、みごとな谷間を何度か披露していますよ。アリスの白肌の谷間は推定Dカップくらい」(ドラマ関係者)

 その美白の谷間効果に加え、今年のNHK朝ドラ「わろてんか」ではドSキャラの女芸人役でヒロインを出し抜く存在感を発揮した。

「一時は、『私は妹のバーター』などと冗談まじりで話していましたが、谷間見せでは妹より一歩も二歩も先んじている。本格濡れ場に挑戦するのは時間の問題でしょう」(芸能デスク)

 Sキャラのプニョ谷間はボンデージに着飾って揉みたい度デラックス!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挨拶をガン無視!野性爆弾・くっきーが殺したいほど嫌う芸能人とは?
2
中居正広と共演NG?日テレ市來玲奈、「金スマ」完全無視で視聴者から批判殺到!
3
リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!
4
YOSHIKIがToshIと絶縁!?X JAPANに急浮上した空中分解の危機
5
闇に葬られた「放送禁止」作品(7)松山ケンイチ主演ドラマのスポンサー6社中5社が降板