芸能

所属人気芸人が多数「吉本坂46」を目指す理由は「苛烈待遇」脱出のためだった!?

 吉本に所属するタレント6000人を対象にメンバー選考が続いている新アイドルグループの「吉本坂46」。現在は113名が第五次オーディションの「ダンス審査」に臨んでいるところだ。同審査では1チーム10名に分けられ、ダンスパフォーマンスを収録。そのVTRをもとにした審査で候補者が80名まで絞り込まれ、いよいよ秋元康氏による最終審査に進むという流れとなっている。

 同オーディションには現在、斎藤司(トレンディエンジェル)やおばたのお兄さん、ゆりやんレトリィバァや尾形貴弘(パンサー)など、テレビで活躍する人気芸人も多数参加中。今さらアイドルユニットに参加する必要などないように思われるメンツも少なくないが、彼らはなぜ何度にもわたるオーディションに挑んでいるのか。お笑い系のライターがその裏側を語る。

「芸人なら誰しもが少しでも多くの出番が欲しいもの。しかも『吉本坂46』には秋元氏のプロデュースという金看板が付いていますから、これを大きなステップアップのチャンスととらえるのはむしろ自然なことでしょう。そしてもう一つの大きな要素は、ずばりお金。48/46所属のアイドルは若くてもそれなりの待遇を得ていると言われており、吉本芸人にとってはそのポジションがまぶしく見えていることは間違いありません」

 その吉本ではギャラの取り分が「9対1」と言われており、売れっ子芸人でも1割しかもらえないとの定評がある。また劇場のチケットを自分で手売りしても、1枚あたりのバック額は100円にしかならないという。果たしてそんなブラック企業ぶりは本当なのだろうか。かつて吉本に所属していたフリーの芸人がささやく。

「よく『9対1』って言われてますけど、それはある程度テレビに出ている芸人でようやく1割もらえるという話。若手のうちは『9.8対0.2』くらいじゃないですかね。ボクは幸いにもロケ番組の仕事をもらっていましたが、そのギャラは4回分で2500円でした。テレビ局からは若手でも1日の仕事で3万円くらいは支払われているはず。そこから計算すると『3万円×4回×2%』が2400円ですから、むしろ端数を切り上げてもらえたのかもしれません(苦笑)」

 どうやらテレビに出演していても若手のうちは数千円のギャラしかもらえないようだ。しかしそれでは生活ができないようにも思えるのだが…。

「そこそこ出番のある若手だと、バイトはできないし、ギャラは極小だし、マジで生活できないんです。そこで吉本系の金融業『吉本ファイナンス』から生活費を借金することになります。他の業者と違って、芸人でも無担保で数百万円借りられるので、ボクは辞める時に200万円の借金がありました。それでもギャラが爆安なことに目をつぶれば仕事はいくらでもあるし、テレビに出られる機会も多い。ボクもいまだに吉本所属だったら『吉本坂46』に応募していたでしょうね」(前出・元吉本のフリー芸人)

 はたして吉本坂46ではどれくらいの好待遇が用意されているのか。合格メンバーにはそのあたりの事情もぜひ報告してもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え