事件

麻原「遺骨バトル」で「オウム再分裂」の深刻クライシス!(2)2世信者に過激化の動きが…

 一方、麻原の遺骨の受け取りについて、スタンスを明確にしていないのは、オウムの後継団体であるアレフである。さる公安関係者によれば、

「麻原と同日に死刑を執行された6人の幹部のうち、地下鉄サリン事件でサリン生成にも関与した遠藤誠一元死刑囚は、最後までオウムへの帰依を崩さずに、執行後は、アレフの足立区内の施設に遺骨が渡された。それ以外の5人の幹部の遺骨は親族に引き渡されたことからも、アレフが麻原の教えを堅持しているのは明らかで、潜在的に殺人を容認するような教えを内在していることに何ら変わりはない。一部ではアレフには昔のような武装化する可能性はないと指摘されていますが、麻原崇拝や説法がいまだになされているだけに、いつ過激化しても不思議ではない。今後は教団内で麻原の神格化がますます進むことになり、後追いで自ら命を絶つことなども懸念される」

 実際、すでに教団内では、麻原の肉声テープを信者に配布したり、麻原のイラストを用いたテキストなども公然と使われるなど、教祖・麻原への帰依は以前より明確になっているという。

「アレフは現在、在家と出家を含め、約1500名の信者がいるとされていますが、麻原に対する帰依度という点では、入信時期によって、かなりバラつきがある。オウム真理教からアレフまで一貫して入信している信者の多くで、主戦論を唱えるような人物は皆無と言っていい。むしろ『2世信者』と言われる、アレフに改称後に入信した信者のほうが、より麻原の教えに感化され過激化している傾向があります。しかも現在のアレフは、本部と地方の支部との関係が並列的で一枚岩ではない。一部の支部には今後、後継者問題で再分裂する可能性があると見られていて、内部分裂によるトラブルの可能性も指摘されている。その動向を注視する必要があります」(公安関係者)

 その実、当局は教団の武装化もさることながら、分裂による内部対立も危険視しているというのだ。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
5
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!