芸能

乃木坂46齋藤飛鳥、どしゃ降りライブで飛び出したドS発言にファン大興奮

 まさかそんな発想があったか?

 乃木坂46が7月6日から8日までの3日間にわたり行ったアニバーサリーライブ「乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE」。今回のライブは東京・明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時開催という初の試みとあって、メンバーたちは会場間を行き来してパフォーマンスし、両会場を盛り上げたが、初日の6日公演は今までの乃木坂の野外ライブの中でも稀有な大雨だったこともあり、メンバーたちはずぶ濡れになりながらのパフォーマンスが続いた。メンバーにとってはかなり過酷なライブになったことだろう。

 ただ、そんな中で、8月8日に発売される21stシングル「ジコチューで行こう!」でセンターを務める人気メンバーの齋藤飛鳥は、雨の中での野外コンサートならではの独自の楽しみ方を見出していたようだ。

「齋藤は初日の終盤のMCで、野外ライブがあまり好きではないことを説明していましたが、ステージ上に水たまりができていたこともあって、『この水(溜まりを)蹴ると前の方のファンの方まで届きそうなんですよ。お客さん濡らせる!みたいな。そういう楽しみ方もできるなって』というアイドルらしからぬ発言をして、ファンを笑わせていました。齋藤といえば、2014年に行われたクリスマスライブで、ファンに向けたキュンキュンフレーズを言うはずが『どうせお前らクリスマス過ごす相手いねえだろ!』と、毒を吐いていましたが、ちょうどこのあたりを境に毒舌キャラでブレイク。最近はそんな毒舌発言も減りつつありましたが、齋藤のこういったドS発言はファンは求めていますから、現地のファンからも『(水を)かけてー!』という叫び声が至るところから上がっていましたね」(アイドル誌ライター)

 この齋藤のドS発言にファンからは「飛鳥にかけてもらえるとかご褒美だろ」「さすが飛鳥だわ。これぞ飛鳥なりの神対応」「いくら出せばかけてもらえますか」といった声が見受けられている。

「2年前に神宮球場で行われたバースデーライブでは水鉄砲を使って、ファンに水をかけまくる演出も非常に好評でしたね。何だかんだ言って、実際に齋藤は水溜まりを蹴ってファンに水をかけることはありませんでしたが、機会があればぜひやってほしいと熱望するファンも多いようですね」(前出・アイドル誌ライター)

 2年前の夏に初めてセンターに抜擢された真夏の全国ツアーでは、もともと積極的に前に出るタイプではなかったこともあり、締めの挨拶などを担当するも、たどたどしさが目立っていた齋藤。今年は約2年ぶりの夏シングルでのセンターということもあって、7月21日からスタートする全国ツアーでも齋藤が引っ張っていくことは間違いないが、今回は2年前とは違い、生き生きとライブを楽しむ彼女の姿が見られそうだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!