芸能

リーダー大野智の一人負けで開き過ぎた嵐「メンバー間格差」!

 7月6日に発表された「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)で、嵐のリーダー、大野智の「一人負け」が判明した。

 これは1~6月までのCM出稿状況を基にしたランキング調査。男性タレントトップは、起用社数10社の高橋一生だ。子役からスタート、長い芸歴に裏打ちされた確かな演技力で昨年、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でブレイク。一気に5社のCMに起用されるなど、引っ張りだこの人気となった。

 一方で安定した人気を誇るのが、国民的アイドルグループ、嵐のメンバーだ。今期は相葉雅紀、櫻井翔、二宮和也が9社で、2位に並んだ。4位に7社の松本潤が続く。

「何だかんだ言っても嵐人気は根強い。嵐全員で出演する4社(日本航空、日本郵便、日立アプライアンス、ガンホー・オンライン・エンターテイメント)があるため、出演本数は単独出演している社との合算になる。ここ数年、頭一つ飛びぬけていたのが相葉。単独テレビ出演が3本、ラジオのレギュラー1本を抱える相葉だけに、CM人気もずばぬけています。ファミリー向けや主婦層にターゲットを絞ったCMに多く起用され、好感度も抜群ですよ」(芸能ライター)

 ところが、5人グループの嵐で、リーダーの大野智だけがなぜか「蚊帳の外」状態だという。6社起用で、単独出演は久光製薬とJ-オイルミルズの2社のみ。ジャニーズウオッチャーが解説する。

「櫻井・二宮・松本はドラマや映画に主演。番宣番組に出まくり、数多くの雑誌の表紙を飾るなど、華々しい活躍をみせました。それにひきかえ大野は、昨春、ラジオのレギュラーが終わり、主演映画は昨夏公開の『忍びの国』きり。連続ドラマは2年前の『世界一難しい恋』以来お呼びがない。単独活動といえば嵐の曲の振り付けくらい。2級小型船舶免許を取得したのは、趣味の釣りが高じての番組『嵐にしやがれ』の企画。一般に広くアピールするものが何もない。CMが増えないのも道理で、今やメンバーに大きく差をつけられてしまっている状況です」

 ただし、“新作”を心待ちにするファンの気持ちとは裏腹に、大野に焦りはないようだ。

「CM出演本数、番組出演数がかなり少ないので、トップの相葉とのギャラは億単位で違うんじゃないでしょうか。にもかかわらず、どこまでもマイペースな大野は、メンバー間格差に不満の声ひとつあげず、万事鷹揚に構えているそうだ」(スポーツ紙記者)

 グループ間に亀裂が入ることになりはしまいか少々心配になってくるが…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情