芸能

脚本家が私物化?「半分、青い。」永野芽郁の出産に辛辣意見があがったワケ

 7月28日に放送された永野芽郁主演の朝ドラ「半分、青い。」(NHK)第102話にて、永野演じる主人公が第1子女児を出産し、視聴者の注目を集めた。

「第17週では、映画監督を目指す間宮祥太朗演じる涼次が、2年かけて必死に脚本を書き上げたものの、それを先輩に奪われ絶望し、働かないダメ男になる姿が描かれました。しかしその間、妻の永野演じる鈴愛と、やることはやっていたようで、彼女は女の子を出産しました」(テレビ誌記者)

 またドラマの中で、鈴愛が破水し病院に運ばれたのが12月23日だったのだが、そこで彼女は、明日のクリスマスイブに産みたいから家に帰ると言いだす場面があった。

 このシーンに関し、一部視聴者から厳しい声があがっているという。

「鈴愛が出産を伸ばそうとした12月24日は、本作の脚本家である北川悦吏子氏の誕生日でもあります。また主人公の娘の名前が花野(かの)であるのに対し、北川氏の娘の名前も埜々香(ののか)と似ていることで、視聴者からは『さすがに「北川悦吏子物語」という私物化が過ぎませんかね』『脚本家の誕生日を知った時、戦慄した』『私たちは朝から何を見せられているの?』と、辛辣な意見が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

「半分、青い。」は、脚本家の自伝的な物語として楽しむのがいいのかもしれない。

(写真:パシャ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之が明かした島田紳助のテレビでは見せなかった“ア然”エピソード
2
出水麻衣“胸元ザックリ”攻め衣装は“超肉食”健在の誘惑アピール!?
3
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
土屋太鳳、新CM動画で見せた“はち切れバスト”の破壊力!