芸能

石原さとみ主演「高嶺の花」で指摘された峯田和伸“ファンも抱いた不快感”

 野島伸司脚本のドラマに出演することを熱望していた石原さとみが主演を務めるドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)。初回こそ視聴率11.1%と2ケタだったものの、第2話9.6%、第3話8.2%と右肩下がりとなっている。

 特に第3話では峯田和伸演じる“ぷーさん”こと風間直人と石原演じる月島ももとのキスシーンがあり、女性との交際経験がないはずのぷーさんが、ももから唇を寄せられると自分の唇を開いて“お迎え”したことが物議を醸し、ネット上では「きもい」「おぞましい」「見たくなかった」といった拒否反応を示す声が続出しているようだ。

「石原は前クール放送『アンナチュラル』(TBS系)で演じた理性的で凛とした法医解剖医・三澄ミコト役で大好評でした。ところが今回演じている月島ももは、由緒正しき華道の流派“月島流”の跡継ぎ問題とともに実父や元婚約者とのねじれた人間関係を抱え、情緒不安定で奔放なふるまいばかりしているように見えますからね。奔放なキャラクターは同性から嫌われがちですから、視聴率と嫌悪感が反比例しているのでは。また、ロックバンド『銀杏BOYZ』のメインボーカル兼ギタリストとして活躍するバンドマンとしての峯田ファンからも『あのキスシーンは俳優としてでなく峯田個人の素を感じて不快だった』『峯田さんを好きな私でも石原さとみとのキスシーンは生理的に受け付けなかった』などと指摘されているようですから、今後もっと深まると思われる2人のラブシーンは、演出によってはかなり厳しい批判が待ち受けていることでしょう」(テレビ誌ライター)

“美女と野獣”の恋愛ストーリーにあって、まず乗り越えなければいけない障害は、視聴者が抱くこういった嫌悪感かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼が隠したい「下積み仕事」を全放出(1)清純派がやらない役が多かった
2
今そこにある芸能界の闇営業(1)札束飛び交う中国人富豪のグラドル“爆買い”
3
指原莉乃が語った「悩み」が物語るAKBグループ卒業後「大ブレイク」の予感!
4
今そこにある芸能界の闇営業(2)グラドルが実力者に頼らざるを得ない現実
5
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由