社会

「酷暑・交通パニック・犯罪」で東京五輪は地獄を見る(3)遅延に頭を抱える椎名林檎

 大会自体の深刻な盛り上がり不足も危惧されており、

「今年7月にチケットの価格帯を発表したのですが、マイナー競技のスケートボードの価格設定が『最低4000円から』となっているなど、全体的に高すぎる。この価格では一部の人気競技以外、売れ残りが出てしまうことが濃厚ですよ。ガラガラの客席が目立ち、世界に恥をさらさないよう、価格の再検討が必要です」(五輪関係者)

 さらに、五輪の運営に携わるさまざまな部署で分裂騒動が発生しているありさまなのだ。五輪関係者が続ける。

「昨年末、歌手の椎名林檎さんや人気映画監督らを交えた『東京五輪の開閉会式プランニングチーム』が発表され、今夏をメドに基本プランの取りまとめが計画されているのですが、チーム内で意見の相違が重なって、計画が大幅に遅れている。メンバーの一人である椎名さんも頭を抱えている状況だと聞きました」

 不穏な火種はそれだけではない。

「五輪の文化事業統括プロデューサーを引き受けていたカドカワの川上量生社長が6月末で辞任したのですが、これも都庁内の分裂騒動のアオリが背景にあると言われている。五輪に携わる人間同士が『一大イベントで名を上げたい』という功名心で足を引っ張り合っているんです。結果、五輪プロジェクト自体が泥舟のように沈みつつあるのが現状です」(五輪関係者)

 さらに大会の「顔」であるマスコットキャラにもケチがつき始めた。

「7月22日に公式マスコットの名前が『ミライトワ』と『ソメイティ』に決まったのですが、評判がよろしくない。さっそく、都の電話窓口に『もっとマシな名前はなかったのか』という都民からのクレームが入りました」(都庁職員)

 東京五輪を前に、都庁内では早くも「犯人探し」まで始まっている始末で、

「今のところ『悲惨な五輪になった場合、責任をかぶるのは都のトップである小池都知事しかいない』との意見が主流ですが、学歴詐称疑惑の影響もあり、五輪前の都知事選で落選するのではという見方も広がっています」(都庁職員)

 東京五輪を地獄の一里塚にしないためにも、早急な対応が待たれる。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「登場人物がほぼ全員不快」の声も!「けもなれ」、脱落視聴者が続出した“理由”
2
消えた芸人・キンコン梶原がユーチューバーデビューも“致命的弱点”が発覚!
3
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ
4
GACKTの「暴れん坊」はやはりデカい!?寝起き写真でバレた“馬並みのお宝”
5
「39歳」小西真奈美の胸がまさかの“急成長”!スレンダー美女に何が起きた?