社会

「酷暑・交通パニック・犯罪」で東京五輪は地獄を見る(3)遅延に頭を抱える椎名林檎

 大会自体の深刻な盛り上がり不足も危惧されており、

「今年7月にチケットの価格帯を発表したのですが、マイナー競技のスケートボードの価格設定が『最低4000円から』となっているなど、全体的に高すぎる。この価格では一部の人気競技以外、売れ残りが出てしまうことが濃厚ですよ。ガラガラの客席が目立ち、世界に恥をさらさないよう、価格の再検討が必要です」(五輪関係者)

 さらに、五輪の運営に携わるさまざまな部署で分裂騒動が発生しているありさまなのだ。五輪関係者が続ける。

「昨年末、歌手の椎名林檎さんや人気映画監督らを交えた『東京五輪の開閉会式プランニングチーム』が発表され、今夏をメドに基本プランの取りまとめが計画されているのですが、チーム内で意見の相違が重なって、計画が大幅に遅れている。メンバーの一人である椎名さんも頭を抱えている状況だと聞きました」

 不穏な火種はそれだけではない。

「五輪の文化事業統括プロデューサーを引き受けていたカドカワの川上量生社長が6月末で辞任したのですが、これも都庁内の分裂騒動のアオリが背景にあると言われている。五輪に携わる人間同士が『一大イベントで名を上げたい』という功名心で足を引っ張り合っているんです。結果、五輪プロジェクト自体が泥舟のように沈みつつあるのが現状です」(五輪関係者)

 さらに大会の「顔」であるマスコットキャラにもケチがつき始めた。

「7月22日に公式マスコットの名前が『ミライトワ』と『ソメイティ』に決まったのですが、評判がよろしくない。さっそく、都の電話窓口に『もっとマシな名前はなかったのか』という都民からのクレームが入りました」(都庁職員)

 東京五輪を前に、都庁内では早くも「犯人探し」まで始まっている始末で、

「今のところ『悲惨な五輪になった場合、責任をかぶるのは都のトップである小池都知事しかいない』との意見が主流ですが、学歴詐称疑惑の影響もあり、五輪前の都知事選で落選するのではという見方も広がっています」(都庁職員)

 東京五輪を地獄の一里塚にしないためにも、早急な対応が待たれる。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日