芸能

村上佳菜子VS丸山桂里奈のタレント生命はどっちが長寿なのか?

 プロスケート選手から、タレントへと転身して、テレビ業界でもひっぱりだこの村上佳菜子。今年上半期のテレビ出演数が124本で、何と1位(オリコン調べ)。昨年同時期の調査では、たった5本だったというから大躍進だ。

 一方、元なでしこジャパンの丸山桂里奈も、おバカキャラとしてすでに昨年からブレイク中で、出演数は5位と健闘。この2人の元アスリート、今後の活動において、タレント生命が長いのはいったいどちらか?

「タレント生命が長い、と言えるのは、もちろん村上でしょう。まず、本業だったスケートでの解説、これが非常に評判がいい。技術面でのしゃべりもよどみなく、ルックスもタレントにひけをとらないキュートな笑顔の持ち主ですから、幅広い世代に支持されていますよね。一方の丸山は、おバカキャラが売りだけあって、放送禁止スレスレの珍発言が多く、見ていてハラハラ。それが、特に若い世代の視聴者には受けるのでしょうが、その芸風でずっと通すには、やはりキツそう。結婚のタイミングやサッカーでの活動も増やすなど、どこかで方向転換をしないと、タレント生命は早々に廃れてしまうのではないでしょうか。若い視聴者は飽きるのも早いですから」(ベテラン芸能記者)

 ネット上の評判を見ても村上に対しては、「しゃべりは上手とは思わないが、世間ずれしていないところが人気があると思います」「美人過ぎないところも、同性の反感を買わないポイント」「幸せな結婚をしてもらいたい。そう思わせる、不思議な魅力がある」と絶賛する声が大多数。中には、「素直で性格が良さそう。笑顔がかわいいですね。安藤(美姫)さんや荒川(静香)さんより断然好きです」

と、他のスケート選手と比較した場合に、その自然な魅力が際立っていることを示す意見も見られた。

 一方、丸山の場合はどうか。元女子サッカー選手のタレントとしては、競合する相手はいないようだが、それだけに、「サッカーの品格が下がる」という手厳しい意見も。番組で、脱ぐことを予告するなどの言動への異論があるようだ。もちろんその反面「やっぱおもしろい!」「叩かれがちだけど結果を出してる人だから文句なし」と肯定的意見も少なくない。

 とはいえ、視聴者は常に移り気なのは世の常。さて、この勝負、今後どちらに軍配上がるのか? 

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス