芸能

村上佳菜子VS丸山桂里奈のタレント生命はどっちが長寿なのか?

 プロスケート選手から、タレントへと転身して、テレビ業界でもひっぱりだこの村上佳菜子。今年上半期のテレビ出演数が124本で、何と1位(オリコン調べ)。昨年同時期の調査では、たった5本だったというから大躍進だ。

 一方、元なでしこジャパンの丸山桂里奈も、おバカキャラとしてすでに昨年からブレイク中で、出演数は5位と健闘。この2人の元アスリート、今後の活動において、タレント生命が長いのはいったいどちらか?

「タレント生命が長い、と言えるのは、もちろん村上でしょう。まず、本業だったスケートでの解説、これが非常に評判がいい。技術面でのしゃべりもよどみなく、ルックスもタレントにひけをとらないキュートな笑顔の持ち主ですから、幅広い世代に支持されていますよね。一方の丸山は、おバカキャラが売りだけあって、放送禁止スレスレの珍発言が多く、見ていてハラハラ。それが、特に若い世代の視聴者には受けるのでしょうが、その芸風でずっと通すには、やはりキツそう。結婚のタイミングやサッカーでの活動も増やすなど、どこかで方向転換をしないと、タレント生命は早々に廃れてしまうのではないでしょうか。若い視聴者は飽きるのも早いですから」(ベテラン芸能記者)

 ネット上の評判を見ても村上に対しては、「しゃべりは上手とは思わないが、世間ずれしていないところが人気があると思います」「美人過ぎないところも、同性の反感を買わないポイント」「幸せな結婚をしてもらいたい。そう思わせる、不思議な魅力がある」と絶賛する声が大多数。中には、「素直で性格が良さそう。笑顔がかわいいですね。安藤(美姫)さんや荒川(静香)さんより断然好きです」

と、他のスケート選手と比較した場合に、その自然な魅力が際立っていることを示す意見も見られた。

 一方、丸山の場合はどうか。元女子サッカー選手のタレントとしては、競合する相手はいないようだが、それだけに、「サッカーの品格が下がる」という手厳しい意見も。番組で、脱ぐことを予告するなどの言動への異論があるようだ。もちろんその反面「やっぱおもしろい!」「叩かれがちだけど結果を出してる人だから文句なし」と肯定的意見も少なくない。

 とはいえ、視聴者は常に移り気なのは世の常。さて、この勝負、今後どちらに軍配上がるのか? 

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!